「日本熱帯医学会研究奨励賞」選考規程

(目的)
第1条 日本熱帯医学会は,本学会に所属する若手研究者による熱帯医学に関する独創的な研究を奨励するために,日本熱帯医学会研究奨励賞を設ける。

(受賞対象者)
第2条 本奨励賞は下記の要領により,原則として毎年1件選考される。

  1. 選考前年の毎年12月末日を最終期限とし,その日から過去2ケ年間に日本熱帯医学会雑誌または他の関連雑誌に掲載公表された,優れた原著論文の著者に与えられる。ただし,日本熱帯医学会雑誌以外の場合は,その内容が本人により本学会大会で発表されていることを要する。
  2. 受賞対象者の資格
    1) 共著論文の場合,筆頭著者であること。
    2) 選考年の3月31日におよそ40歳未満であること。
    3) 本学会会員歴が,応募時に3期に渡ること。
  3. 論文の性格
    1) 熱帯医学に関する論文であること。
    2) 研究の主たる内容は,疾病の流行する現場,あるいは日本国内で行われたものであること。
    3) 英文で発表されていることが望ましい。

(選考委員会)
第3条 選考委員会は全理事をもって構成する。

  1. 選考委員長は理事長がこれを務める。
  2. 選考委員会の開催は, 委員の2分の1以上の出席を必要とする。なお、委任状の提出は出席とみなさない。

(受賞候補者の指名)
第4条 選考委員会は,年度始めに評議員に受賞候補者の指名を依頼する。

  1. 依頼を受けた評議員は,候補者指名書,候補者調書,当該論文並びに当該研究に関与していない評議員2名の推薦書を提出するものとする。なお、選考委員会委員も、指名者、推薦者となることができる。

(選考)
第5条 委員長は,適当な時期に委員会を召集し, 受賞候補者の審議を行い, 投票数を参考にして受賞者を決定することができる。

  1. 投票は単記無記名とし, 有効投票数のうち多数を得たものから受賞者を選出する。

(報告)
第6条 委員長は,選考過程および結果について理事会,評議員会および総会に報告する。

(表彰)
第7条 理事長は,受賞者に対し,その年度の大会総会において,賞状および副賞を贈呈してこれを表彰する。

(受賞講演)
第8条 受賞者は,その年度の日本熱帯医学会大会において,受賞論文の内容を発表する。

(補則)
第9条 この規程の解釈及び運用について疑義が生じたときは,理事会の決するところによる。

  1. この規程に定めるもののほか,選考にかかわる必要な事項は,理事会の議を経て別に定める。
  2. この規程の改正は,理事会が必要と認めたときに,その議を経て評議員会の承認を得る。

付則

  1. 本規程は1990年10月31日幹事会,11月1日評議員会および総会において承認されたもので,1991年1月1日から施行する。
  2. 本規程の改正は1996年1月1日から施行する。
  3. 本規程の改正は1997年1月1日から施行する。
  4. 本規程の改正は2003年1月1日から施行する。なお,第2条3(受賞対象者の資格)については,2003年に限り旧規程か新規程のいずれかの条件を満たせばよいものとする。
  5. 本規程の改正は2005年1月1日から施行する。
  6. 本規程の改正は2010年1月1日から施行する。
  7. 本規定の改正は2013年1月1日から施行する。

第9条に基づく「日本熱帯医学会研究奨励賞」選考規程に関する申し合わせ事項
(1991年6月8日幹事会決定)
(1992年5月8日幹事会追加)
(1993年5月24日幹事会追加)
(2002年10月20日理事会変更)
(2004年10月15日理事会変更)
(2009年10月21日理事会変更)

1)第4条の受賞候補者の指名に際し,候補者の生年月日,本学会へ入会した年月日を含む履歴書,および受賞対象論文以外の関連論文リストも提出すること,そのための様式を委員会で作成すること。

2)第4条2の受賞候補者の推薦書は,候補者の主任教授,対象論文の共著者などの直接関係者を除くこと。

3)第5条の候補者の審議,受賞者の投票に際し,選考委員が候補者の主任教授,対象論文の共著者及び直接の関係者である場合には,選考委員会における当該候補者に関する討議及び投票を辞退するものとする。

4)本奨励賞の候補論文と同じ論文が,他の学会賞の対象にもなっている場合には,本奨励賞の選考対象から除くこと。

5) 投票にあたっては,白紙は有効,候補者以外の名前を記入したものは無効として扱う。

6)  選考委員会を欠席する場合は委任状を提出して,委任者に意見を託すことができるが,投票はできないものとする。