名誉会員選考細則

  1. 日本熱帯医学会会則第5条第4項に規定される名誉会員候補者の資格および選考方法を定める。
  2. 名誉会員として推薦を受ける候補者は,熱帯医学の領域における業績が顕著で,本学会の発展に多大の貢献を行った者でなければならない。
  3. 名誉会員候補者は次の1)および2)の条件を満たす者,あるいは3)に該当する者とする。

    1)活動歴 通算15年以上の教育、研究、その他の熱帯医学領域における活動歴を有すること
    2)学会に対する貢献(下記いずれかを具備すること)
     a)理事長(または総務幹事)を経験したこと
     b)大会長(または会長)を経験したこと
     c)理事(または幹事)を2期以上経験したこと
    3)前述の1),2)の条件にかかわらず,熱帯医学の領域においてとくに顕著な業績をあげた本学会会員

  4. 名誉会員に推薦される者の年齢は,原則として70歳以上とする。
  5. 名誉会員を推薦しようとするときは,評議員3名以上の連名による推薦書を,年次総会の3ケ月前までに理事長宛提出するものとする。
  6. 名誉会員の選考は理事会で行い,評議員会において承認する。
  7. 本細則の運用方法については理事会が別に定める。
  8. この細則の改正は理事会で行い,評議員会の承認を得る。
  9. 本細則は1997年1月1日から施行する。

付則

  1. 本細則の改正は2004年1月1日から施行する。
  2. 本細則の改正は2010年1月1日から施行する。