ENGLISH
〒852-8523長崎県長崎市坂本1-12-4
TEL:095-819-7764 / FAX:095-819-7844


 本分野では、下痢症や急性呼吸器感染症、デング熱、マラリアをはじめとする熱帯感染症に対してとくに脆弱な小児の健康に関する臨床疫学・環境疫学研究を推進しています。



2017年 新着情報はこちら
2016年 新着情報はこちら
2015年 新着情報はこちら
2014年 新着情報はこちら
2012年 新着情報はこちら

<2013年 新着情報>

  • 2013/10/31
  • 大学院生の樋泉道子さんが、日本小児感染症学会の2013年度研究プロジェクト助成金に採択されました。
  • 2013/10/03
  • 教室のメンバー紹介を更新しました。
  • 2013/09/19
  • London School of Hygiene & Tropical Medicine、バングラデシュ国際下痢症研究所、総合地球環境学研究所との共同研究論文がEpidemiology誌のBest paperに選ばれ、First AuthorのAi Milojevic博士がKenneth Rothman EPIDEMIOLOGY Prize 2013を受賞しました。Aiさん、おめでとうございます![Abstract][別刷請求はこちらへ]
  • 2013/09/17
  • 院生のWadagni Anita Carolle Akpeedjeさんが熱帯医学修士課程を修了しました。
  • 2013/07/01
  • 熱研にて、環境省の委託研究「長崎における黄砂等の小児呼吸器疾患・機能に対する疫学研究」班の会合を開催します。
    日時:平成25年7月2日(火)17:00~19:00
    会場:長崎大学熱帯医学研究所 1階小会議室
  • 2013/06/23
  • 熱研にてセミナーが開催されます。
    日時:平成25年6月24日(月)17:30~18:30
    場所:ポンぺ会館・セミナー室
    講演者:ベヘラ・スワディヒン 先生(独立行政法人海洋研究開発機構・上席研究員)
    演題:The Story of El Nino, El Nino Modoki and IOD in the Era of Climate Change
    座長:皆川 昇 熱研・病害動物学分野・教授
  • 2013/05/20
  • 熱研と海洋研究開発機構(JAMSTEC)の共同研究プロジェクト「南部アフリカにおける気候予測モデルをもとにした感染症流行の早期警戒システ ムの構築」が、JSTの地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)に採択されました。[科学技術振興機構(JST)][長崎大学プレスリリース]
  • 2013/04/23
  • 熱帯医学研究所と宇宙航空研究開発機構(JAXA)との共同研究が、JAXA地球観測研究センターのホームページで紹介されました。[アフリカ・ビクトリア湖の公衆衛生~感染症予防への衛星利用~]
  • 2013/01/12-14
  • 熱研にて世界保健機関(WHO)のワークショップを開催しました。Workshop for the synthesis report on climate change and health in WPRO [プログラム 写真1/2/3/4/5/6]
  • 2013/01/10
  • 長崎大学広報誌CHOHOにケニア拠点の活動が紹介されました。[記事]