ENGLISH
〒852-8523長崎県長崎市坂本1-12-4
TEL:095-819-7764 / FAX:095-819-7844


 本分野では、下痢症や急性呼吸器感染症、デング熱、マラリアをはじめとする熱帯感染症に対してとくに脆弱な小児の健康に関する臨床疫学・環境疫学研究を推進しています。




2016年 新着情報はこちら
2015年 新着情報はこちら
2013年 新着情報はこちら
2012年 新着情報はこちら

<2014年 新着情報>

  • 2014/12/03--NEW
  • Chad さんとAlinurさんの歓迎会を開きました。
  • 2014/11/27
  • 小児感染症学分野・大学院生、吉原圭亮さんがベトナムにおける小児肺炎の重症度と原因ウィルスの遺伝子型に関する研究で15th Asia Pacific Congress of Clinical Microbiology and InfectionのYoung Investigator Awardを受賞しました。[詳しくはこちら]
  • 2014/11/22
  • 小児感染症学分野・大学院生、樋泉道子さんのベトナムにおける先天性風疹症候群に関する論文(Pediatrics 2014; 134:2) が第67回九州小児科学会の最優秀英語論文に選出されました。[写真]
  • 2014/11/07
  • ロンドン大学と長崎大学のパートナーシップに関する記事がLondon School of Hygiene & Tropical Medicineのウェブサイトに紹介されました。[詳しくはこちら]
  • 2014/10/23
  • Global Health Forum 2014が10月31日に東京商工会議所にて開催されます。[詳しくはこちら]
  • 2014/10/23
  • London-Nagasaki Global Health Joint Seminarが10月28日に開催されます。[詳しくはこちら]
  • 2014/10/23
  • 大学院生の今井智里さんの論文「Systematic review on methodology: time series regression analysis for environmental factors and infectious diseases」がTrop Med Health誌にアクセプトされました。 [Full text]
  • 2014/08/22
  • 大学院生の樋泉道子さんの論文がPulmonary Hypertension Newsに取り上げられました。
  • 2014/08/12
  • 地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)「南部アフリカにおける気候予測モデルをもとにした感染症流行 の早期警戒システムの構築」のキックオフミーティングが8月6日、南アフリカ共和国・プレトリアにて開催されました。[プロジェクトの詳細はこちらへ] [「南アフリカ科学技術省」のホームページはこちらへ]
    また、キックオフミーティングに先立ち、8月5日にキックオフシンポジウムが開催されました。[プログラム]
  • 2014/07/15
  • 大学院生の今井智里さんの論文がGlobal Health Action誌にアクセプトされました。バングラデシュのスラム地域における小児インフルエンザ罹患数と気象因子との関連を明らかにしました。 [Full text]
  • 2014/07/08
  • オーストラリア・カーティン大学より、Robert Corner (ロバート・コーナー)先生が外国人招へい研究者(JSPS)として、当教室に2か月間滞在します。ビクトリア湖周辺地域のマラリア流行と環境変動との関連について、当教室と共同で時空間解析を行います。
  • 2014/06/26
  • 大学院生の樋泉道子さんの論文がPediatrics誌にアクセプトされました。ベトナムにおける風疹流行に伴う先天性風疹症候群の患児をフォローアップし、肺高血圧症と死亡率の関連を明らかにしました。 [Abstract]
  • 2014/06/16
  • Yoonhee Kim先生がメンバーに加わりました。
    教室のメンバー紹介を更新しました。
  • 2014/04/15
  • 大学院生の池田恵理子さんがメンバーに加わりました。
    教室のメンバー紹介を更新しました。
  • 2014/03/21
  • 長崎大学疫学セミナー in 東京 「疫学で世界が見える、疫学で世界を変える」 が開催されました。多数のご来場ありがとうございました。 [詳しくはこちらへ]
  • 2014/02/21
  • 韓国ソウル大学公衆衛生大学院と熱帯医学研究所および国際健康開発研究科との合同でグローバルヘルス・ジョイントミーティングを開催しました。[プログラム][写真][長崎大学]
  • 2014/02/04
  • 平倉説子さん(技能補佐員)がメンバーに加わりました。
    ソウル大学との共同研究が始まり、Nakyung KimさんとEunHa Parkさんが熱研に短期滞在し、歓迎会を開きました。
  • 2014/02/01
  • 小児科 2014年02月号(55巻 02号)が出版されました
    先天性風疹症候群-日本と世界での撲滅に向けて-
    執筆者:樋泉道子、本村秀樹、吉田レイミント、橋爪真弘、森内浩幸
    出版社:金原出版
  • 2014/01
  • 橋爪教授が日本熱帯医学会の機関誌Tropical Medicine and Healthの編集委員長に就任しまし た。また、吉田准教授がManaging Editorに就任しました。同誌への積極的な論文投稿をお願いいたします。[日本熱帯医学会]