長崎大学 熱帯医学研究所 新興感染症学分野

長崎大学熱帯医学研究所
新興感染症学分野
〒852-8523
長崎県長崎市坂本1-12-4
TEL:095-819-7848
FAX:095-819-7851
  • 長崎大学
  • 長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科
  • 長崎大学 熱帯医学研究所(熱研)
  • Tropical Medicine and Health

研究紹介

感染症は、人類誕生以来今日に至るまで常に我々にとって大きな脅威として存在してきました。
現在もなお次々と新たな感染症(新興感染症)が出現し続けています。
新興感染症学分野では、特に高病原性ウイルスに注目し、その増殖機構を分子レベルから動物個体レベル、更には生態系レベルでも解析することにより、その制圧を目指しています。


【高病原性ウイルスの増殖機構の解明】

高病原性ウイルスの増殖機構の解明高病原性ウイルスの増殖機構の解明

エボラウイルス、マールブルグウイルス、ラッサウイルスなどの出血熱ウイルスやインフルエンザウイルスなど重篤な疾患を引き起こすウイルスが宿主細胞内でどのようなメカニズムで増殖しているのかを解析しています。

これまでに我々はエボラウイルス、マールブルグウイルス、ラッサウイルスなどのウイルス粒子形成の過程を明らかにしてきました (上図、EMBO Reports, 3, 636-640, 2002, Journal of Virology, 77, 9987-9992, 2003, Journal of Virology, 80, 4191-4195, 2006, Journal of Virology, 81, 4895-4899, 2007, Journal of General Virology, 91, 228-234, 2010)


高病原性ウイルスの増殖機構の解明

最近は、感染細胞からの子孫ウイルス粒子産生を阻害する細胞性因子Tetherin/BST-2の抗ウイルス活性解析をはじめ (上図, Journal of Virology, 83, 2382-2385, 2009, PLoS One, 4, e6934, 2009)、細胞内で起こるウイルス複製の全体像を明らかにすることを目標とした研究も進めています。


【新規抗ウイルス療法の開発】

出血熱ウイルスやインフルエンザウイルスに対して抗ウイルス活性をもつ細胞性因子の同定及び化合物のスクリーニングを行い、動物個体レベルで感染・発症を抑制することができる新規抗ウイルス療法の開発を進めています。

本学は文部科学省 最先端研究基盤事業 「化合物ライブラリーを活用した創薬等最先端研究・教育基盤の整備」「感染症・放射線障害を中心とする下村脩ノーベル化学賞顕彰記念創薬拠点」にも指定されております
( http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/23/03/1303163.htm )。

新規抗ウイルス療法の開発
イメージ

【病態モデル・感染モデル動物の作出】

動物個体レベルでウイルス感染・増殖機構や病態発現機序を解析するために、各種近交系マウス、ノックアウトマウスやトランスジェニックマウスを用いた病態モデル、感染モデルの開発を行っています。
また、上記スクリーニングで抗ウイルス剤候補として同定された化合物の抗ウイルス効果・作用を生体レベルで評価するためのin vivo系としてのマウスモデルの確立も進めています。


【高病原性ウイルス検出法の開発】

新興・再興感染症の病原体を迅速・簡便かつ高感度に検出できる新規検査法を開発しています。

当研究室では今までにエボラウイルス、マールブルグウイルス、ラッサウイルスのゲノムRNAを迅速に検出するRT-LAMP法を開発・報告してきました (Microbiology and Immunology, 55, 44-50, 2011, Journal of Clinical Microbiology, 48, 2330-2336, 2010, Journal of Virological Methods, 141, 78-83, 2007)。

高病原性ウイルス検出法の開発
         Journal of Clinical Microbiology, 2010.

【ナイジェリアにおけるラッサ熱の疫学調査・診断法開発・病態解析】

毎年乾季になるとラッサ熱疑い患者が多数報告されるナイジェリア南東部において疫学調査を行い、疫学調査に基づいた新規診断法の開発や病態発現機構の解析を行っています。この地域ではラッサ熱発症者の致死率が他の地域に比べて著しく高く、発症者の半数以上が死亡します。その原因を明らかにするために、この地域に存在するラッサウイルスの遺伝子解析、発症者における免疫応答・病態解析などを行うとともに、早期診断に必要な現地で利用可能な診断法の開発なども同時進行しています。


【内在性レトロウイルスの増殖阻害法の開発】

培養細胞から調製されたワクチンや生物製剤には培養細胞に由来する内在性レトロウイルスが迷入するリスクがあります。また,ブタなどの動物の組織・臓器をヒトに移植(異種移植)する際にもドナー動物に由来する内在性レトロウイルスがヒトに感染するリスクが危惧されています。そこで、このような内在性レトロウイルスのリスクを軽減するために、細胞からの内在性レトロウイルス産生を抑制する制御法の開発を行っています。

これまでにネコ内在性レトロウイルスRD-114、ブタ内在性レトロウイルス(PERV)の出芽機構の解析や出芽阻害法の開発、Tetherin/BST-2を利用したウイルス産生阻害法の確立等で成果を挙げ、内在性レトロウイルス迷入のリスクを軽減したワクチン・生物製剤作製用細胞株の樹立にも成功しています。


【牛ウイルス感染症に関する研究】

牛ウイルス感染症のオンサイト診断技術の開発、特に口蹄疫類症疾患に対する診断システムの開発を進めています。 また、様々なウイルス感染症に有効な治療法の開発を目指し、反芻動物特有のI型IFNであるIFNτの抗ウイルス作用の解析と高活性のIFNτ大量調製法の確立にも取り組んでいます。