寄生虫学最前線

トップページ > プログラム

プログラム

大会日程(PDF)のダウンロード
採択演題情報一覧(PDF)のダウンロード


※本大会では抄録集の発送はいたしません。当日受付にてお渡しいたします。

本大会期間中には、下記の特別プログラムを予定しております。
(以下のセッションは、いずれも英語で行われます。)


<特別講演> 平成31年(2019年)3月15日(金)15:30~16:20
ILC2 induce innate IgE secretion by B1 cells via IL-4 production
茂呂 和世
理化学研究所 生命医科学研究センター 免疫細胞システム研究チーム

座長:由井 克之 (長崎大学医学部 免疫学分野/熱帯医学・グローバルヘルス研究科)


<シンポジウム1> 平成31年(2019年)3月15日(金)10:30~12:00
『機能ゲノミクスー寄生虫ゲノムから見えるもの』

Genomics tools for antimalarial drug resistance monitoring
Frederic Ariey
INSERM 1016, Institut Cochin, Université Paris Descartes, France

Comparative genomics of parasitic nematodes and flatworms
菊地 泰生
宮崎大学 医学部 感染症学講座 寄生虫学分野

Functional Genomic Study in Plasmodium falciparum
Jianbing Mu
Laboratory of Malaria and Vector Research, National Institute of Allergy and Infectious Diseases (NIAID), National Institutes of Health, Bethesda, MD, USA

座長:平山 謙二 (長崎大学熱帯医学研究所)


<シンポジウム2> 平成31年(2019年)3月16日(土)10:20~11:50
『Basic and operational research providing new frameworks and approaches for schistosomiasis and other NTDs』

A framework for elimination of schistosomiasis: So near in some places and yet so far in others
Russell Stothard
Department of Parasitology, Liverpool School of Tropical Medicine, Liverpool,
UK L3 5QA)

Glycobiology approaches for intervention of schistosomiasis and other helminth infections
C.H. Hokke
Department of Parasitology, Leiden University Medical Center, The Netherlands

Asian Zoonotic Schistosomiasis in the Philippines: Medical and veterinary integrated approaches in the disease control
河津 信一郎
帯広畜産大学 原虫病研究センター 先端予防治療学分野

座長:濱野 真二郎 (長崎大学熱帯医学研究所 寄生虫学分野)