蚊媒介性感染症の地域横断的研究

研究課題

蚊媒介性感染症の地域横断的研究

研究概要

 ベトナムでのデングウイルスの調査を継続するとともに、各拠点からのサンプルも併せてデングウイルス遺伝子の網羅的解析を開始する。重症化因子と新規指標の探索と評価を継続する。また、さらに研究密度をあげる為に検索する検体数を増やし、平成25年度に整備したメガシークエンサーを用いたゲノムの全長シークエンス解析を実施する。
 媒介蚊の追加採集が必要な地域において採集を終了し、対象地域における媒介蚊の種構成と殺虫剤抵抗性を持った蚊の地理的分布、そして、分布に関連する環境要因を明らかにする。また、媒介蚊の集団遺伝的分析、デングウイルス感受性及び越冬能力の実験を国立感染症研究所と進める。結果は論文として随時発表していく。

研究参加者

長崎大学

研究者氏名 所属 業務内容
森田 公一 熱帯医学研究所 教授 デングウイルス感染の疫学に関する研究
皆川 昇 熱帯医学研究所 教授 デングウイルス媒介蚊の調査
長谷部 太※ 国際連携研究戦略本部 教授 デングウイルスの病原性に関する研究
金子 修 熱帯医学研究所 教授 マラリア感染の調査と病原性に関する研究
鍋島 武 熱帯医学研究所 助教 デングウイルスの遺伝子解析
余 福勲 熱帯医学研究所 助教 デングウイルス感染のキマーゼ評価
川田 均 熱帯医学研究所 准教授 媒介蚊殺虫剤抵抗性のモニターリング
角田 隆 ※ 熱帯医学研究所 助教 媒介蚊のウイルス感受性実験
比嘉 由紀子 熱帯医学研究所 助教 媒介蚊の分布と種構成のモニターリング
二見 恭子 熱帯医学研究所 助教 媒介蚊の集団遺伝解析
川島 恵美子 熱帯医学研究所 技能補佐員 蚊媒介性コンソーシアムに関する研究補助
皆川 こごみ 熱帯医学研究所 技能補佐員 蚊媒介性コンソーシアムに関する研究補助

※ベトナム赴任者

研究分担者・協力者

 
研究者氏名 所属 業務内容
葛西 健 WHO西太平洋事務局 WHOベトナム事務所 事務所長 蚊媒介性感染症のコンソーシアム研究グループの協力者 デング、マラリア感染の国際機関による対応に関する情報分析
倉根 一郎 国立感染症研究所 副所長 蚊媒介性感染症のコンソーシアム研究グループの協力者 デング熱輸入症例の分析
高崎 智彦 国立感染症研究所 ウイルス第1部第2室 室長 蚊媒介性感染症のコンソーシアム研究グループの協力者 輸入デングウイルス感染のウイルス、血清診断
小林 睦夫 国立感染症研究所 昆虫医科学部 名誉所員 蚊媒介性感染症のコンソーシアム研究グループの協力者 デング、マラリア媒介蚊の調査
沢辺 京子 国立感染症研究所 昆虫医科学部 部長 蚊媒介性感染症のコンソーシアム研究グループの協力者 デング媒介蚊の調査
鍬田 龍星 国立感染症研究所 昆虫医科学部 研究員 蚊媒介性感染症のコンソーシアム研究グループの協力者 デング媒介蚊の調査
小西 英二 大阪大学 微生物病研究所 教授 蚊媒介性感染症のコンソーシアム研究グループの協力者 デングウイルスの疫学、診断、病原性の研究(インドネシア)
黒須 剛 大阪大学 微生物病研究所 助教 蚊媒介性感染症のコンソーシアム研究グループの協力者 デングウイルスの疫学(タイ)
堀井 俊宏 大阪大学 微生物病研究所 教授 蚊媒介性感染症のコンソーシアム研究グループの協力者 マラリアの疫学
押谷 仁 東北大学 大学院医学系研究科 教授 蚊媒介性感染症のコンソーシアム研究グループの協力者 デングウイルスの疫学(フィリピン)
太田 伸生 東京医科歯科大学 医歯薬学総合研究科 教授 蚊媒介性感染症のコンソーシアム研究グループの協力者 デングウイルス、マラリアの疫学(ガーナ)
モイ メンリン 国立感染症研究所 ウイルス第1部第2室 研究員 蚊媒介性感染症のコンソーシアム研究グループの協力者 デング患者血清の抗体依存性感染増強の評価
鈴木 高史 東京医科歯科大学 医歯学総合研究科 特任准教授 蚊媒介性感染症のコンソーシアム研究グループの協力者 マラリアの疫学
田邉 和裄 大阪大学 微生物病研究所 教授 蚊媒介性感染症のコンソーシアム研究グループの協力者 マラリアの分子疫学

活動内容トップへ戻る»