人獣共通感染症研究

研究課題

人獣感染ウイルスのリスク調査と早期検出に関する研究

研究概要

(1)コウモリ伝播ウイルス疫学に関する研究
平成25年度はベトナム南部に棲息しているオオコウモリ種を対象に糞尿及び血液サンプルを採取し調査を行う。糞尿サンプルは国立疫学衛生研究所(NIHE)の高度安全実験施設BSL-3実験室を使用してVero 細胞とRD細胞に接種してウイルス分離を行う。血液サンプルからは血清を分離して、ヒトの新興感染症ウイルス(ニパウイルス、SARSコロナウイルス、エボラウイルス等)について組換え蛋白を抗原に用いたEnzyme-Linked ImmunoSorbent Assay(ELISA)を用いて抗体価を測定し、血清疫学を実施するとともにPCR法によって当該ウイルス遺伝子を検索する。分離したウイルスあるいは増幅された遺伝子の塩基配列を解析して、近隣諸国で分離されるウイルスとの比較解析をおこない、ウイルスの移動や進化的な位置づけについて評価する。

(2)鳥インフルエンザウイルスの疫学的研究
生鳥市場等を中心に家禽よりサンプリングし、高病原性ウイルスを始めとする鳥インフルエンザウイルスの分布を調査する。また家禽と接触する可能性がある野鼠等野生動物からのサンプリングも併せて実施する。分離されたウイルスの遺伝学的背景および系統樹解析等を進め、鳥インフルエンザウイルスの病原性および地域における伝播の情報を得る。

研究参加者

長崎大学

研究者氏名 所属 業務内容
森田 公一 熱帯医学研究所 教授 研究グループ統括、新興ウイルスの同定
山城 哲 ※ 熱帯医学研究所 教授 鳥インフルエンザ臨床介入に関する研究の統括、鳥インフルエンザ疫学に関する研究のベトナムにおけるとりまとめ
長谷部 太 ※ 国際連携研究戦略本部 教授 コウモリ由来ウイルスの調査
堀田 こずえ ※ 熱帯医学研究所 助教 鳥インフルエンザ疫学に関する研究

※ベトナム赴任者

ベトナム側

研究者氏名 所属 業務内容
Le Thi Quynh Mai ベトナム国立衛生疫学研究所(NIHE) 微生物学部門,ウイルス学部門 部長 人獣共通感染症研究に関するNIHE側研究代表者
Nguyen Thanh Thuy NIHE 電子顕微鏡部門 部長 プロジェクトに関し、人獣共通感染症研究に関するNIHE側研究協力者
Phuong Song Lien ベトナム動物協会 副会長 人獣共通感染症研究に関する研究協力者

研究分担者・協力者

研究者氏名 所属 業務内容
西園 晃 大分大学 医学部 教授 狂犬病の分子疫学に関する研究
大槻 公一 京都産業大学 鳥インフルエンザ研究センター センター長 鳥インフルエンザ疫学に関する研究
有川 二郎 北海道大学 大学院医学研究科 教授 ハンタウイルス疫学に関する研究
伊藤 壽啓 鳥取大学 農学部 教授 鳥インフルエンザ疫学に関する研究
曽田 公輔 鳥取大学 農学部 講師 鳥インフルエンザ疫学に関する研究
小野 悦郎 九州大学 医学部 教授 鳥インフルエンザ臨床介入に関する研究
高桑 弘樹 京都産業大学 鳥インフルエンザ研究センター 准教授 鳥インフルエンザ疫学に関する研究

活動内容トップへ戻る»