蚊媒介性ウイルス感染症研究

研究課題

蚊媒介性疾患の病原ウイルスと媒介蚊の流行に関する研究

研究概要

(1)デングウイルス準種のヒト及び媒介蚊での生態と病原性の関連に関する研究
ベトナム国内で流行するデングウイルスの遺伝子解析を継続して行う。
平成24年度はデングウイルス2型感染患者血清中のウイルスについて次世代シーケンサーを用いたウイルス準種解析の反応条件の検討を行い、デング患者体内におけるデングウイルス2型のエンベロープ蛋白をコードする遺伝子領域の多様性に関する基礎データが得られた。平成25年度はデング患者体内のウイルス準種と蚊の培養細胞、ヒトの培養細胞内でのデングウイルス準種の多様性と比較する。

(2)ベトナムにおけるアルボウイルス脳炎の研究
日本脳炎の流行地であった地域の豚舎周辺で採取した野外蚊からウイルス分離を行い、Culex tritaeからデングウイルス2型を検出した。分離されたデングウイルス株の遺伝子解析(Culex tritaeによるデングウイルス媒介能の検証)、野外蚊からのウイルス分離を継続して行う。
平成24年は過去10年間にベトナム(9省)で集められた不明脳炎患者の脳脊髄液717検体についてバンナウイルスに特異的IgM抗体検出ELISAを行い、13.68~35.83%という高い陽性率であった。平成25年度はIFA及び中和抗体価の測定による確認試験を継続して行う(ベトナムの不明脳炎患者におけるバンナウイルス感染率の確認)。

(3)デング熱流行の発生メカニズムの解明と対策
平成24年度に申請していた組換えウイルスを用いた実験の大臣承認がえられたので、平成25年度は培養細胞や媒介蚊体内での感染増殖性の比較解析を行う。デング熱媒介蚊幼虫及び成虫の定点採集、及び、気象データの収集を継続して行う。

(4)マラリアに関する研究
平成25年度は各領域の研究を統合して、マラリア伝播地点の特徴を明らかにする。各領域においては、サルマラリア原虫の生殖母体がヒトで産生される可能性やサルの糞便よりのマラリア原虫の検出法の検討を行う。民族歴史文化、住民生計行動、野生サルの行動に関するデータを蓄積する。


古タイヤから発生するデング熱媒介蚊、ネッタイシマカの幼虫採集

家の軒下に並んだ水がめにボウフラがいないか検査

柄杓でボウフラの天敵を採集

研究参加者

長崎大学

研究者氏名 所属 業務内容
長谷部 太 ※ 国際連携研究戦略本部 教授 研究グループ統括、デングウイルス分離
森田 公一 熱帯医学研究所 教授 ウイルスのプロテーオム解析による同定
皆川 昇 熱帯医学研究所 教授 媒介蚊研究の統括とデータ解析およびモデリング
金子 修 熱帯医学研究所 教授 マラリアに関する研究
川田 均 熱帯医学研究所 准教授 媒介蚊殺虫剤抵抗性のモニターリング
余 福勲 熱帯医学研究所 助教 ウイルス診断抗原の開発と評価
鍋島 武 熱帯医学研究所 助教 ウイルス遺伝子の分子疫学解析
角田 隆 ※ 熱帯医学研究所 助教 媒介蚊の生理生態学研究
比嘉 由紀子 熱帯医学研究所 助教 媒介蚊の分布とモニターリング、分類
二見 恭子 熱帯医学研究所 助教 媒介蚊の集団遺伝解析
都築 中 熱帯医学研究所 助教 デング熱に関わる疫学・社会学研究
中澤 秀介 熱帯医学研究所 助教 マラリアに関する研究
リチャード・カレトン 熱帯医学研究所 准教授 マラリアに関する研究

※ベトナム赴任者

ベトナム側

 
研究者氏名 所属 業務内容
Nguyen Thuy Hoa ベトナム国立衛生疫学研究所(NIHE) 昆虫学部門 顧問 蚊媒介性ウイルス感染研究に関するNIHE側研究協力者
Le Thi Quynh Mai ベトナム国立衛生疫学研究所(NIHE) 微生物学部門,ウイルス学部門 部長 蚊媒介性ウイルス感染研究に関するNIHE側研究代表者
Tran Vu Phong NIHE 昆虫学部門 部長 蚊媒介性ウイルス感染症研究に関するNIHE側研究協力者
Vu Trong Duoc NIHE 昆虫学部門 副部長 蚊媒介性ウイルス感染症研究に関するNIHE側研究協力者
Nguyen Hoang Le NIHE 昆虫学部門 室長 蚊媒介性ウイルス感染症研究に関するNIHE側研究協力者
Nguyen Thi Yen NIHE 昆虫学部門 顧問 蚊媒介性ウイルス感染症研究に関するNIHE側研究協力者
Nguyen Thi Thu Thuy NIHE ウイルス学部門、アルボウイルス室 室長 蚊媒介性ウイルス感染症研究に関するNIHE側研究協力者 検体採集、ウイルス分離、血清学的解析
Phan Thi Nga NIHE 研修部門 部長 蚊媒介性ウイルス感染症研究に関するNIHE側研究協表者
Vu Thi Que Huong ホーチミン・パスツール研究所 ウイルス学部門 部長 蚊媒介性ウイルス感染症研究に関するNIHE側研究協力者 検体採集、ウイルス分離、血清学的解析
Tran Phuc Hau ホーチミン・パスツール研究所 病害昆虫部門 部長 蚊媒介性ウイルス感染症研究に関する研究協力者
Le Trung Nghia ニャチャン・パスツール研究所 病害昆虫部門 部長 蚊媒介性ウイルス感染症研究に関する研究協力者
Nguyen Tho Duoc ベトナム西部高地衛生疫学研究所 所長 蚊媒介性ウイルス感染症研究に関するTIHE側研究協力者 検体採集
ロン・マシャン ベトナム・カンホア省保健局 カンフーマラリア研究部 蚊媒介性ウイルス感染症研究に関する研究協力者 媒介蚊の疫学解析

研究分担者・協力者

 
研究者氏名 所属 業務内容
川合 覚 獨協医科大学 医学部 准教授 蚊媒介性ウイルス感染症研究グループの協力者 サルマラリアの診断法の開発
新江 利彦 京都大学国際交流センター 助教 蚊媒介性ウイルス感染症研究グループの協力者 人文社会学的解析
マイケル・A・ハフマン 京都大学霊長類研究所 准教授 蚊媒介性ウイルス感染症研究グループの協力者 マラリアの宿主サルの行動解析
前野 芳正 藤田保健衛生大学 医学部 准教授 蚊媒介性ウイルス感染症研究グループの協力者 分子疫学的解析
益田 岳 京都大学地球環境学堂 特任研究員 蚊媒介性ウイルス感染症研究グループの協力者 蚊トラップの改良
伊藤 誠 愛知医科大学 教授 蚊媒介性ウイルス感染症研究グループの協力者 免疫評価
小林 繁男 京都大学アジアアフリカ地域研究 教授 蚊媒介性ウイルス感染症研究グループの協力者 森林生態
サトウ 恵 新潟大学 保健学科 助教 蚊媒介性ウイルス感染症研究グループの協力者 原虫検出同定
Ronald Enrique Morales Vargas タイ・マヒドン大学 熱帯医学部医用昆虫学部門 講師 蚊媒介性ウイルス感染症研究に関する研究協力者

活動内容トップへ戻る»