下痢症研究

研究課題

ベトナムにおける包括的な下痢症の研究

研究概要

(1)急性小児下痢症における臨床介入による下痢症病原体変動に関する研究
平成24年度に引き続き、aロタウイルス下痢症罹患率の再評価、bベトナムにおけるロタウイルス株、とくにG2ウイルス株の分子系統的位置づけの評価、cベトナムにおける単価ワクチンの有効性の評価、dノロウイルス陽性検体の臨床的意義の確立、eワクチンの副反応評価のバックグラウンドとしての自然発生腸重積症の罹患頻度の評価の5点に焦点を絞った研究を行う。特に、a,b,cは国家レベルでの必要性が高く、わが国においても国立感染研が行っている公衆衛生政策策定上重要な研究である。

(2)環境中におけるコレラ菌等下痢原性細菌の疫学的研究
線状ファージとコレラ菌病原性との関係を明確にする為、保存株や環境分離株を用いて実験室内で検討を行う。具体的には線状ファージfs1およびfs2は、ゲノム中のコレラ毒素産生をつかさどる領域CTX の近傍にインテグレートする事が示唆されているが、それぞれのファージが毒素産生能を始めとするコレラ菌病原性発現にどの程度関与するかを明らかにする。環境中のファージおよびコレラ菌を始めとする腸管病原性細菌の消長を、北部ベトナム汽水域を定点として系統的に計測し、年間を通じて下痢症流行との連関を探る。市販食肉中の下痢起炎細菌の分布調査を乾季、雨季に実施し、同細菌による汚染状況を調べる。分離した下痢起炎細菌の薬剤抵抗性を調べ、その遺伝子背景等より伝播経路等を推測する。いずれにおいても平成25年度中に得られる成果をまとめる。

研究参加者

長崎大学

   
研究者氏名 所属 業務内容
山城 哲 ※ 熱帯医学研究所 教授 下痢症研究グループの統括、各研究のベトナム実施部分における研究コーディネート
中込 治 大学院医歯薬学総合研究科 教授 ロタウイルス下痢症のワクチン導入によるダイナミクス調査
中込 とよ子 大学院医歯薬学総合研究科 准教授 ロタウイルス下痢症のワクチン導入によるダイナミクス調査
Doan Hai Yen 大学院医歯薬学総合研究科 助教 ロタウイルス下痢症のワクチン導入によるダイナミクス調査
Punita Gauchan 大学院医歯薬学総合研究科 助教 ロタウイルス下痢症のワクチン導入によるダイナミクス調査
竹村 太地郎※ 熱帯医学研究所 助教 環境中におけるコレラ菌等下痢原性細菌の疫学的研究
時沢 亜佐子※ 熱帯医学研究所 助教 環境中におけるコレラ菌等下痢原性細菌の疫学的研究

※ベトナム赴任者

ベトナム側

研究者氏名 所属 業務内容
Nguyen Binh Minh ベトナム国立衛生疫学研究所(NIHE) 細菌学部門 部長 プロジェクトに関し、下痢症研究に関するNIHE側研究代表者
Nguyen Van Trang NIHE 分子生物学部門 研究員 下痢症研究に関するNIHE側研究協力者
Nguyen Thanh Thuy NIHE 電子顕微鏡部門 部長 プロジェクトに関し、下痢症研究に関するNIHE側研究協力者
Tran Thi Nguyen Hoa NIHE ウイルス学部門 研究員 下痢症研究の(1)の研究に関するNIHE側研究協力者
Vu Dinh Thiem NIHE 疫学部門 部長 下痢症研究の(1)の研究に関するNIHE側研究協力者
Nguyen Quong Minh NIHE 疫学部門 研究員 下痢症研究の(1)の研究に関するNIHE側研究協力者
Nguyen Thi Phuong Lan ホーチミン・パスツール研究所 免疫学・微生物学部門 室長 下痢症研究に関するパスツール研究所側研究協力者
Diep The Tai ホーチミン・パスツール研究所 免疫学・微生物学部門 研究員 下痢症研究に関するパスツール研究所側研究協力者

研究分担者・協力者

研究者氏名 所属 業務内容
村瀬 敏之 鳥取大学 農学部 教授 下痢症研究グループの協力者 市販食肉における下痢起炎細菌の分布調査およびその薬剤抵抗性調査
大西 真 国立感染症研究所 細菌第一部 部長 下痢症研究グループの協力者、分離細菌の病原性検査
遠田 耕平 WHO 職員 下痢症研究に関する研究協力者 プロジェクトにおけるサンプル収集フィールド構築の支援

活動内容トップへ戻る»