メッセージ

拠点長からのメッセージ 「狩りをするならサバンナに行け」

熱帯医学研究所 アジア・アフリカ感染症研究施設 教授 感染症研究国際ネットワーク推進プログラム(J-GRID) ベトナムプロジェクト拠点 拠点長 山城 哲 (やましろてつ)
熱帯医学研究所アジア・アフリカ感染症研究施設 教授/感染症研究国際ネットワーク推進プログラム(J-GRID)ベトナムプロジェクト拠点 拠点長
山城 哲 Tetsu Yamashiro

ようこそ。熱帯医学研究の入口へ。

長崎大学ベトナムプロジェクト拠点は、「新興・再興感染症研究拠点形成プログラム」(平成22年4月より「感染症研究国際ネットワーク推進プログラム(J-GRID: Japan Initiative for Global Research Network on Infectious Diseases))のベトナムにおける研究活動の旗艦として、平成18年3月にハノイにあるベトナム国立衛生疫学研究所(NIHE)キャンパス内に設立されました。

本プログラムは、社会における感染症の脅威を軽減する事を最大の目標とした文部科学省主導のプログラムであり、
1)東南アジアやアフリカの新興・再興感染症が流行する地域に最先端の設備を備えた研究拠点を設立する事、
2)日本人研究者を常駐させ感染症の研究を継続的に行う事、
3)医学領域や獣医学領域など異分野間の連携を効かせた学際的な研究を行う事、そして
4)感染症領域における若手研究者を育成する事を戦術としています。
平成22年7月より、熱帯医学研究所の研究施設として位置づけられ、その機能が更に強化されております。

長崎大学とNIHEとの間には四半世紀の研究交流の歴史があり、その縁でNIHEキャンパス内に新築されたハイテクセンターの一角にベトナム拠点は設置されています。日本政府の無償資金協力により設置されたBio Safety Level 3 (BSL3)実験施設があり、高度の封じ込めを要する微生物を用いた実験ができる環境にあります。また、プロジェクトに参加するNIHEウイルス部、細菌部、疫学部もセンター内に研究室を持ち、情報交換などが容易な環境にあります。

ベトナムプロジェクト拠点には長崎大学熱研の日本人研究者6名(教授2名、助教4名)、事務職員1名が常駐しています。それにNIHE職員およびベトナム人アシスタント6名を加えたチームで、一丸となってベトナムで問題となる感染症の研究に日々邁進しております。互いの習慣の違いからくる戸惑いはあるものの、それは大きな問題ではありません。

大切なことは、我々のような熱帯地感染症研究の「狩人」にとって、ベトナムは獲物の数や種類が豊富なサバンナだという事です。「狩りをするならサバンナに行け」でしょう。ベトナム拠点が熱帯医学を志す若い研究者の登竜門になれば良いと願っています。

トップページへ戻る»