日本熱帯医学会研究奨励賞受賞者記録

研究奨励賞の詳細については日本熱帯医学会研究奨励賞選考規程をご覧ください。

受賞年度 受賞者 所属 受賞論文題名
平成3年
(1991)
三森龍之 熊本大学 エクアドル国におけるリーシュマニア原虫の同定に関する研究
平成4年
(1992)
大前比呂思 名古屋大学 日本住血吸虫症における肝腺維化の超音波診断と臨床的な指標に関する研究
平成5年
(1993)
該当者なし    
平成6年
(1994)
狩野 繁之 群馬大学 マラリア疫学における抗体価分布曲線の有用性
平成7年
(1995)
新井明治 岡山共立病院 マラリアのDNA診断
平成8年
(1996)
第14回国際熱帯医学・マラリア大会が開催され例年の大会の開催はなし
平成9年
(1997)
松岡裕之 自治医科大学 バキュロスウイルス−カイコ発現系により作製した組換え蚤白によるマラリア伝播阻止免疫の誘導
平成10年
(1998)
水田克巳 国立仙台病院
ウイルスセンター
Epidemiology of influenza virus infections in children with acute respiratory infections in Zambia
平成11年
(1999)
勝又達哉 長崎大学 Cryptosporidiosis in Indonesia:a hospital-based study and a community-besed survey
平成12年
(2000)
吉田 栄人 自治医科大学 A single-chain antibody fragment specific for the Plasmodium berghei ookinete protein Pbs21 confers transmission blockade in the mosquito midgut
平成13年
(2001)
該当者なし    
平成14年
(2002)
小林潤 国立国際医療センター
国際協力局
Malaria prevalence and a brief entomological survey in a village surrounded by rice fields in Khammouane province,Lao PDR
平成15年
(2003)
河津信一郎 国立国際医療センター研究所 Molecular characterization of a 2-Cys peroxiredoxin from the human malaria parasite Plasmodium falciparum
平成16年
(2004)
御手洗聡 結核予防会結核研究所 Drug Susceptibilities and Clinical Manifestations of Mycobacterium tuberculosis in Zambia 2000.
平成17年
(2005)
齊藤麻理子 長崎大学
熱帯医学研究所
Association of increased platelet-associated immunoglobulins with thrombocytopenia and the severity of disease in secondary dengue virus infections.
平成18年
(2006)
該当者なし    
平成19年
(2007)
該当者なし    
平成20年
(2008)
該当者なし    
平成21年
(2009)
加藤大智 山口大学 Establishment of a mass screening method of sand fly vectors for Leishmania infection by molecular biological methods.
平成22年
(2010)
石上盛敏 国立国際医療研究センター研究所 Genetic diversity and population structure of Plasmodium falciparum in the Philippines
平成23年
(2011)
城戸康年 大分大学医学部 Purification and kinetic characterization of recombinant alternative oxidase from Trypanosoma brucei brucei
平成24年
(2012)
大木美香 長崎大学大学院 医歯薬総合研究科 Optimal timing of insecticide fogging to minimize dengue cases; modeling dengue transmission among various seasonalities and transmission intensities
平成25年
(2013)
サトウ 恵 新潟大学大学院 保健学研究科 Human Trichostrongylus colubriformis infection in a rural village in Laos
平成26年
(2014)
Richard Culleton 長崎大学熱帯医学研究所 African Plasmodium vivax: Distribution and origins
平成27年
(2015)
凪 幸世 長崎大学熱帯医学研究所 Risk Factors and Spatial Distribution of Schistosoma mansoni Infection among Primary School Children in Mbita District, Western Kenya
平成28年
(2016)
該当者なし