English

ウイルス学分野

本分野は日本脳炎ウイルス、デングウイルス、ジカウイルス、チクングニヤウイルス、重症熱性血小板症候群(SFTS)ウイルス等の節足動物媒介性(アルボ)ウイルス、及びSARSウイルスやニパウイルス等の新興感染症ウイルスの基礎的・応用的研究を行っている。

ウイルス学分野のホームページへ»

スタッフ

  • 教授 森田公一

ウイルス学分野
      日本脳炎ウイルス電子顕微鏡画像

  • 教授(兼) 長谷部太
  • 准教授 モイ メン リン
  • 准教授(有期) 早坂大輔
  • 助教 井上真吾
  • 助教(有期) 余福勲
  • 助教(有期) 鍋島武
  • 客員教授 吾郷昌信
  • 客員教授 ブエラノ コラソン セリラ
  • 客員研究員 久保亨
  • 客員研究員 高松由基
  • 客員研究員 内田玲麻
  • 特任研究員 ミャ ミャッ ヌグェ トン
  • 特任研究員 ムハレバ ライキエンシヤ
  • 特任研究員 戸田みつる
  • 技能補佐員 城臺和美

ウイルス学分野
SFTSウイルス感染マウスの分子イメージング像

  • 大学院生(博士) ウランダイ・ジーアン・エドワード・リンボ
  • 大学院生(博士) アドゥンゴ フェルドナード
  • 大学院生(博士) アウン キョウ キョウ
  • 大学院生(博士) 嶋田聡
  • 大学院生(博士) フ リ ミン フォン
  • 大学院生(博士) ブイ トゥ トゥイ
  • 大学院生(博士) マーク アンソニー

研究活動

アルボウイルス遺伝子の分子疫学解析

アジア・アフリカにおいて分離されたデングウイルスや日本脳炎ウイルス、チクングニヤウイルス株の遺伝子塩基配列解読と分子疫学的により、ウイルスの移動を明らかにするとともに、疾患の重症度との相関を解析して発病機構や重症化に係るウイルス病原性遺伝子の探索を行っている。

リバースジェネティクスを用いたウイルス増殖性、病原性の解析とワクチン開発

日本脳炎ウイルスやデングウイルスの感染性クローンを構築し、細胞、動物レベルにおける増殖性、病原性の比較からウイルス遺伝子の機能を解明し、ワクチン開発のための基礎研究を実施している。

動物モデルを用いた病態機序の解析、治療法の検討

日本脳炎ウイルスやSFTSウイルス等の感染がどのように病気を起こすかについて、主にマウスモデルを用いて、免疫、分子生物、病理学的解析や分子イメージング技術による解析を行っている。また、抗ウイルス薬や抗血清による治療効果の検討を行っている。

迅速診断法の開発

PCR法やLAMP法、LC/MS法を駆使して、ウイルス遺伝子やタンパク質を短時間で検出・同定する手法や、遺伝子工学的手法を用いた血清診断用抗原の開発を実施している。

新興ウイルス感染症の調査研究

SFTS、鳥インフルエンザウイルス等の疫学研究をベトナム、マレーシア、日本において実施している。

WHO協力センターとしての活動

1993年11月23日付けのWHO西太平洋地域事務局(WPRO)局長 San Tae Han博士(当時)の五十嵐章教授(当時)宛の書簡により、当研究分野は、「熱帯性ウイルス病の資料と研究のためのWHO協力センター」に指定された。その後、2006年2月3日付けの尾身茂前局長の書簡により「熱帯性及び新興感染症ウイルスのレファレンス及び研究のためのWHO協力センターに」改称された。同センターの業務内容として、ベトナム、フィジー、フィリピン、インドネシアなど多数の開発途上国から研修生を受け入れ、WHO短期コンサルタントとして専門家をWHOの活動に派遣している。

ケニアにおける黄熱病およびリフトバレー熱に対する迅速診断法の開発とそのアウトブレーク警戒システムの構築プロジェクト

本プロジェクトは、2011年度から地球規模課題対応国際科学技術協力(SATREPS)事業により実施している。ケニア中央医学研究所(Kenya Medical Research Institute:KEMRI)での黄熱病とリフトバレー熱の迅速診断法の開発、リファレンス機能強化、更に、地域の医療施設、KEMRI、ケニア公衆衛生省を結ぶ携帯電話網を活用したアウトブレイク早期警戒・即時対応メカニズムの構築をめざす。現在井上博士、戸田専門家が長期赴任中。

研究分野トップへ戻る»