English

病害動物学分野

病害動物学分野本分野では、病害動物の基礎的な研究と環境の分析から媒介性疾患の発生要因と防除法を多角的 に研究する。特にマラリアおよびデング熱媒介蚊を対象に分子生物から生態まで幅広くカバーしており、室内実験と共に東南アジアやアフリカを調査地としたフィールドワークを行うとともに防除の研究においては環境と調和的な戦略の確立を目指している。

スタッフ

  • 教授 皆川昇
  • 准教授 川田均
  • 助教 砂原俊彦
  • 助教 二見恭子
  • 助教(有期) 角田隆
  • 助教(有期) 胡錦萍
  • 研究支援推進員 鶴川千秋
  • 技能補佐員 フリッツ郁美
  • 技能補佐員 佐野直美
  • 技能補佐員 溜宣子
  • 事務補佐員 酒本淳子
  • 大学院生 フィン ティー トゥィー チャン
  • 大学院生 楊超
  • 大学院生 助廣那由
  • 大学院生 森本康愛

病害動物学分野のホームページへ»

研究活動

アフリカ東部においてデングの重要な媒介蚊であるネッタイシマカ2亜種の分布を明らかにするとともに遺伝的構造をアジア集団と比較しながら、大陸固有の亜種より他の大陸から再移入された亜種のほうがより感染力が高く都市に適応した集団であるという仮説の検証を行っている。
またアジア地域のデング熱は主にネッタイシマカとヒトスジシマカの2種によって媒介されるが感染能力と環境への適応力に違いがある。当分野は東南アジアを調査地とし、この2種の分布と種構成について、また同種における地域集団間の感染能力の違いを環境要因とともに明らかにし、将来的には気候変動と環境変化による分布変化の予測を目指している。
また、アフリカのマラリア媒介蚊はガンビエ種群およびフネスタスグループに属する種であるが、対策をより有効にするために、分子生物学からのアプローチを含めたより精細な生態の解明を目指している。
さらに防除研究としては殺虫剤抵抗性の広がりによるアジア・アフリカ各地の集団の抵抗性能力のモニタリングを行いつつ、感染症対策としては新しい防除法の試験を行っている。


   最近の主な業績
1. Kawada, Ann Community Med Pract, 3 (1), 1019, 2017.
2. Kawada, Acta Hortic, 1169, 59-72, 2017.
3. Komagata et al., J. Med. Entomol., 54 (6), 1519-1524, 2017.
4. Oo SZM et al., Parasites & Vectors, 11 (16), 2017.
5. Ikeda et al., Scientific Reports, 7 (1), 2458, 2017.

研究分野トップへ戻る»