English

原虫学分野

マラリアは世界の熱帯・亜熱帯地域で流行している重篤な原虫感染性疾患であるが、ワクチンはなく、薬剤抵抗性の原虫が出現している。当分野では、マラリア原虫の生物としての基礎的な理解がマラリア制御のためのツールを生み出すために必要であると考え、原虫が寄生適応のために進化させてきた様々な分子機構の解明を中心テーマとして、熱帯熱マラリア原虫やネズミマラリア原虫を用いて最先端の遺伝子改変技術を駆使した分子細胞生物学的アプローチ、また、ケニアやタイのマラリア流行地で収集した原虫試料を用いた集団遺伝学的アプローチにより研究を進めている。また、三日熱マラリア原虫や偶蹄類マラリア原虫といった簡便な実験系が存在しないマラリア原虫についても、新たな実験系の確立を目指している。マラリアに加えて、トリパノソーマ原虫やバベシア原虫の細胞寄生機序についての研究も行っている。

Department of Protozoology
カルシウム・バイオセンサーを発現する熱帯熱マラリア原虫。カルシウム依存性ATPase阻害剤を投与するとFRETシグナル強度が投与前(左)から投与後(右)に変化し、カルシウム濃度が高くなったことが分かる。シグナル強度は疑似色で表わしている。
 
Department of Protozoology
蛍光抗体法により、熱帯熱マラリア原虫で発現させた組換えタンパク質(緑)が、マラリア原虫が赤血球内に構築するマウレル裂のタンパク質(赤)と共局在を示すことがわかる。青は原虫の核。

スタッフ

  • 教授 金子修
  • 講師 上村春樹
  • 助教 矢幡一英
  • 助教(有期) 麻田正仁
  • 特任研究員 宮﨑真也
  • 特任研究員 竹田美香
  • 特任研究員 キッティサク タナション
  • 研究支援推進員 田中玲子
  • 技能補佐員 木下美紀
  • 技能補佐員 松尾佳美
  • 技能補佐員 高濱幸絵
  • 技能補佐員 松本菜奈
  • 大学院生 アムザ ビャルハンガ ラッキ
  • 大学院生 外川裕人
  • 大学院生 クワメ クミ アサレ
  • 外国人研究員 ハッサン ハキミ
  • 大学院生 ベン イェディ アベル チタマ
  • 大学院生 石﨑隆弘
  • 客員研究員 川本文彦
  • 協力研究員 加賀谷渉
  • 協力研究員 坂野慶太

原虫学分野のホームページへ»

研究活動

マラリア

  1. マラリア原虫の赤血球侵入の分子機構:マラリア原虫は赤血球を認識した後に、赤血球との間で強固な結合を形成し、続いてアクトミオシンの駆動力で自らを赤血球内にねじ込んでいくと言った複数のステップを踏んで赤血球内に侵入する。我々は各ステップで利用される分子と各ステップをつなぐシグナルを明らかにすることで原虫の弱点を見出したいと考えている。
  2. マラリア原虫寄生赤血球の改変機構:熱帯熱マラリア原虫は寄生した赤血球を接着しやすく改変することで宿主免疫を逃れ、また、それによりヒトマラリアは重症化する。原虫による赤血球改変機序を理解し、原虫の増殖を制御する方法を見出すため、原虫分子が赤血球膜表面へ輸送される分子機構や病原性との関係について解析を行っている。
  3. マラリア原虫のカルシウムシグナル
  4. マラリア原虫のワクチン候補抗原と薬剤耐性遺伝子の分子疫学
  5. 三日熱マラリア原虫レポーターラインの確立
  6. 三日熱マラリア原虫の休眠現象の理解
  7. サルマラリア原虫によるヒト感染の分子基盤
  8. 偶蹄類寄生性マラリア原虫を用いた新規マラリアモデルの確立

トリパノソーマ

  1. トランスシアリダーゼの機能と発現機序
  2. トリパノソーマ原虫の環境適応機構

バベシア

  1. バベシア原虫の細胞侵入と細胞修飾の分子機構
  2. ピロプラズマ原虫の遺伝子改変技術開発

研究分野トップへ戻る»