English

免疫遺伝学分野

免疫遺伝学分野本分野では、熱帯地域で重要な問題となっている各種感染症に対するヒトの免疫応答性や抵抗性に関わる分子機構の解明を目指している。

スタッフ

  • 教授 平山謙二
  • 准教授(有期) グエン ティエン フイ(臨床開発学分野併任)
  • 講師  菊池三穂子
  • 助教(有期) 水上 修作
  • 助教(有期) シャム プラカシ ドゥムレ
  • 研究機関研究員 ファルハナ モサデック
  • 特任研究員 マテンゲ ピターソン ギトンガ
  • 特任研究員 テクレミカエル アウト アレム
  • 特任研究員 成瀬妙子
  • 技能補佐員 谷口真由美
  • 事務補佐員 細井陽子
  • 大学院生 ダオ フイ マン
  • 大学院生 ペンビ エマニュエル
  • 大学院生 明石麻衣子
  • 大学院生 望月恒太
  • 大学院生 田山雄基
  • 大学院生 道向 優
  • 大学院生 ブンデュティディ マビンガ グロリア
  • 大学院生(修士) グエン ティ ノッ フン

免疫遺伝学分野のホームページへ»

研究活動

原虫(クルーストリパノソーマ、マラリア)、ウイルス(デング熱)など熱帯感染症の防御免疫および病態について、分子レベルでの解析を行っている。現在進行中の研究は以下のようなものである。

  • 無症候性マラリアの免疫遺伝学的解析
  • ナノパーティクルDNAワクチンを用いた防御免疫機構解析
  • 標的分子を用いた新規抗マラリア薬開発
  • 慢性シャーガス病の早期バイオマーカーの探索
  • 慢性シャーガス病治療薬の開発
  • シャーガス病ワクチン開発
  • デング熱重症化の早期予測因子探索
  • デング出血熱感受性と関連するHLAの機能解析
  • デングウイルス感染iPS-DC細胞によるT細胞活性化機構

各感染症の病理病態解析を基礎とした医薬品開発を目指している。臨床研究では海外の流行地における臨床グループとの連携により研究を進めている。その主な施設としては、1)ベトナム・ホーチミン市 パスツール研究所、2)フィリピン熱帯医学研究所(RITM)、3)パラグアイ アスンシオン大学、4)ボリビア ガブリエル・ルネ・モレノ自治大学などが上げられる。その他、ロンドン大学公衆衛生熱帯医学校、フランス パスツール研究所、富山大学、東京医科歯科大学、産業技術総合研究所、熊本大学などと共同研究を進めている。


   最近の主な業績
1. Mosaddeque F et al., Antimicrob Agents Chemother, 62(5), 2018.
2. Helegbe GK et al., Malar J., 17(1):169, 2018.
3. Cherif MS et al., Am J Trop Med Hyg., 98(1):198-202, 2018.
4. Chérif MS et al., Eur J Pediatr., 176(6):791-796, 2017.
5. Mbanefo EC et al., Sci Rep., 7:45963, 2017.

研究分野トップへ戻る»