English

免疫遺伝学分野

免疫遺伝学分野本分野では,熱帯地域で最も重要な問題となっている各種感染症に対するヒトの免疫応答性や抵抗性に関する分子機構の解明を目指している。

スタッフ

  • 教授 平山謙二
  • 准教授(有期) グエン ティエン フイ(臨床開発学分野併任)
  • 助教 チェリフ マハムド サマ
  • 助教(有期) 水上 修作(臨床開発学分野併任)
  • 助教(有期) シャム プラカシ ドゥムレ
  • 技術職員(有期) 柳哲雄(NBRC併任)
  • 特任研究員 楢原知里
  • 技能補佐員 福田路子
  • 技能補佐員 吉次夢子
  • 客員研究員 片上幸美
  • 大学院生 ヴァスケス ヴェラケス クララ アレハンドラ
  • 大学院生 ダオ フイ マン
  • 大学院生 ファルハナ モサデック
  • 大学院生 マテンゲ ピターソン ギトンガ
  • 大学院生 明石麻衣子
  • 大学院生(薬学前期) エレナ アヴェリノ
  • 大学院生(修士) 望月恒太
  • 大学院生(修士) 井ノ口美穂
  • 大学院生(修士) アウト アレム テクレミカエル

免疫遺伝学分野のホームページへ»

研究活動

原虫(クルーストリパノソーマ,マラリア),ぜん虫(住血吸虫),ウイルス(デング熱)など熱帯感染症の防御免疫および病態の分子レベル解析を行っている。現在進行中の研究は以下のようなものである。

マラリア

  1. 重症化と関連する遺伝子多型解析などのSNP解析HLA、TLR、FcγR、TNF-α
  2. ナノパーティクルでコートしたDNAワクチン Py Transamidase (TAM) DNA vaccineの防御機構

住血吸虫症

  1. ワクチンや診断薬開発 SEA motif bearing gene familyという新たに同定した遺伝子ファミリーの解析

シャーガス病

  1. 重症シャーガス病患者の遺伝解析 MICA遺伝子
  2. 小児を対象にしたベンズニダゾール治療反応性を規定する因子の解析
  3. 抗トリパノソーマ薬シーズ開発 Astellas open innovation networkによるコンパランドスクリーニング

デング熱

  1. デング出血熱感受性を規定する遺伝因子 Mast Cell granules related
  2. デング熱重症化の早期予測因子(バイオマーカー)Proteiome identification

以上のような診断薬やワクチンの開発など制圧対策に直結したトランスレーショナル研究を行っている。また臨床研究では所内の臨床研究部門との連携協力により開発研究を進めている。
 海外との共同研究については,目的に応じて流行地あるいは欧米の専門施設との協力を推進している。その主な施設としては,海外では

  1. タイ王国タマサート大学
  2. ボリビア熱帯病研究所
  3. パラグアイアスンシオン大学
  4. ベトナム・ホーチミンパスツール研究所
  5. ケニア中央医学研究所
  6. 国立シンガポール大学
  7. フィリピン熱帯医学研究所RITM
  8. ロンドン大学熱帯医学校
  9. リバプール大学熱帯医学校

国内では

  1. 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科
  2. 東京工業大学
  3. 順天堂大学
  4. 富山大学
  5. 東京医科歯科大学
  6. 千葉大学

などである。

研究分野トップへ戻る»