English

新興感染症学分野

新興感染症学分野 感染症は、人類誕生以来今日に至るまで常に我々にとって大きな脅威として存在してきた。しかも、現在もなお次々と新たな感染症(新興感染症)が出現し続けている。新興感染症学分野では、特に高病原性ウイルスに注目し、分子レベルから動物個体レベル、更には生態系レベルでも解析することにより、その制圧を目指している。

新興感染症学分野

スタッフ

  • 教授 安田二朗
  • 助教 黒崎陽平
  • 助教 浦田秀造
  • 助教(有期) 阿部遙
  • 学振特別研究員 吉川禄助
  • 特任研究員 牛島由理
  • 特任研究員 岡田沙弥香
  • 特任研究員 木村繭子
  • 特任研究員 末吉真季
  • 技能補佐員 髙野未来
  • 技能補佐員 宮崎彩希
  • 大学院生 Olamide Oloniniyi Kolawole
  • 大学院生 Vahid Rajabali Zadeh
  • 大学院生 Patrick Mpingabo Ilunga
  • 大学院生 Christelle Pemba Mawonga
  • 大学院生 山城良介

新興感染症学分野のホームページへ»

研究活動

高病原性ウイルスの増殖機構の解明

 エボラウイルス、マールブルグウイルス、ラッサウイルスなどの出血熱ウイルスやインフルエンザウイルスなど重篤な疾患を引き起こすウイルスが宿主細胞内でどのようなメカニズムで増殖しているのかを解析している。特に、ウイルス性因子と宿主因子との相互作用および抗ウイルス活性をもつ細胞性因子の機能解析を中心に研究を進めている。

新規抗ウイルス療法の開発

 出血熱ウイルスやインフルエンザウイルスに対して抗ウイルス活性をもつ細胞性因子の同定及び化合物のスクリーニングを行い、動物個体レベルで感染・発症を抑制することができる新規抗ウイルス療法の開発を進めている。

高病原性ウイルス検出法の開発

 新興・再興感染症の病原体を迅速・簡便かつ高感度に検出できる新規検査法を開発している。

ナイジェリアにおけるラッサ熱の疫学調査・診断法開発・病態解析

 毎年乾季になるとラッサ熱疑い患者が多数報告されるナイジェリア南東部において疫学調査を行っている。また,疫学調査に基づいた新規診断法の開発や病態発現機構の解析も進めている。

研究分野トップへ戻る»