English

臨床感染症学分野

臨床感染症学分野本分野は、熱研における唯一の臨床教室である。熱帯地の臨床現場で最も問題となる呼吸器感染症、 結核、HIV・エイズやその他の熱帯感染症に関する臨床疫学研究を核とし、基礎医科学や公衆衛生学と連結した学際的研究を推進している。

スタッフ

  • 教授 有吉紅也
  • 准教授 森本浩之輔
  • 助教 鈴木基
  • 助教(有期) 佐藤光(熱帯医学教育室)
  • 助教(有期) 山下嘉郎
  • 客員教授 三浦聡之
  • 客員教授 安波道郎
  • 客員研究員 森正彦
  • 協力研究員 中村泰右
  • 技能補佐員 白水里奈
  • 技能補佐員 内堀京子
  • 技能補佐員 中村仁美
  • 事務補佐員 濱崎由美
  • 事務補佐員 白石さつき(熱帯医学教育室)
  • 大学院生 小笠原徹
  • 大学院生 宮原麗子
  • 大学院生 齊藤信夫
  • 大学院生 澤田郁美
  • 大学院生 柿内聡志
  • 大学院生 石藤智子
  • 大学院生 ンゴ クオン チ
  • 大学院生 北庄司絵美
  • 大学院生 藤井宏
  • 大学院生 加藤隼悟
  • 大学院生 伊藤博之
  • 大学院生 延末謙一(寄生虫学分野)
  • 大学院生 山梨啓友(離島・へき地医療学講座)
  • 大学院生 林健太郎
  • 大学院生 山藤栄一郎
  • 大学院生 平岡知子

臨床感染症学分野のホームページへ»

研究活動

呼吸器感染症

当教室で開発した19種類の呼吸器病原体の包括的検査方法(Multiplex-PCR)および50種類の主要な肺炎球菌血清型を多検体同時に同定できる分子生物学的検査法(nanofluidic real time PCR)を応用した臨床疫学研究を国内外で実施している。
国内では、成人肺炎に関する全国多施設共同の疫学研究を行い、解析をすすめ成果を発表している。海外では、ベトナム国立衛生疫学研究所との共同研究として、臨床研究部門が推進しているベトナム中部ニャチャン市の大規模臨床疫学フィールドにおいて、小児および成人の肺炎に関する臨床を核とし、病原体解析、宿主病態生理に至る学際的な臨床研究を実施している。同地域で進行中の2000名規模のバースコホート研究では、小児呼吸器感染症重症化と関連する宿主遺伝子多型因子に関する研究を推進している。上記コホートで得られた肺炎球菌に対しては、分子生物学的方法を用いた分析(MLST)や血清型分類、薬剤耐性遺伝子の解析を加えている。
基礎医科学研究においては、肺胞マクロファージや血管内皮に着目し、呼吸器感染症の重症化・難治化要因を解明し、難治性肺炎の新たな治療戦略の確立をめざしている。

結核

当教室では、世界の結核予防治療に貢献できる新たな結核検査法・診断系の確立を目指している。具体的には、結核患者において活動期に発現される結核抗原に加え、潜伏期の結核抗原に対する細胞性免疫反応を、国内の患者についてはフローサイトメトリーにて解析している。フィリピン国立感染症病院(サンラザロ病院)では、結核に合併した細菌性肺炎の病原体を同定し、死亡予後との相関を研究している。

熱帯地の感染症病棟における感染症臨床研究

国立感染症研究所との共同研究により、北ベトナムバックマイ病院の感染症病棟においては、未診断熱性患者から詳細な臨床情報と検体を収集した臨床研究を推進し、レプトスピラ症、各種リケッチア症などの検査を実施している。
フィリピン国立感染症病院では、これまで新規ELISA法、LAMP法を用いたレプトスピラ症診断に関する臨床疫学研究を行い論文発表している。また、この病院では熱帯医学グローバルヘルス研究科と共同で研究室を立ち上げ、新しい研究に着手している。さらに、英国熱帯病コンサルタントと共同で若手医師を対象にした熱帯感染症ベットサイド実習を実施している。

北タイにおけるHIV コホート研究

タイ国立衛生研究所との共同で開発した北タイのランパン病院におけるHIV感染者およびその配偶者を対象にしたコホート研究を活用し、HIV感染長期生存者の免疫不全進行遅延機序および日和見感染症発症に関する国際共同研究を継続推進している。

研究分野トップへ戻る»