English

臨床開発学分野

臨床開発学分野本分野は、世界保健機構 W H O 決議事項(WHA61.21)である公衆衛生、イノベーションと知的財産権におけるグローバル戦略に応えるべく2011年に新設されました。この決議は、実際に公衆衛生上のニーズに見合った医薬品研究開発を促進する事で、特に研究開発が遅れている発展途上国に偏って見られる病気に対する医薬品研究開発を適正な規模で加速する、という趣旨でなされました。また当分野は日本の文部科学省(MEXT)の特別支援によって設置され、この分野の研究開発プロジェクトや人材育成プログラムが軌道に乗るまで継続して特別の支援を受けることとなりました。

スタッフ

  • 教授 ロサボーン チャントラ
  • 准教授(有期) グエン ティエン フイ
  • 助教(有期) 楢原知里
  • 客員教授 ナーバンチャン ケセラ
  • 客員研究員 トゥンラヤコン プレンスリヤガーン
  • 技能補佐員 ディラーニー さゆり
  • 大学院生 クーンランセソンブーン ナット
  • 大学院生 サエヘン ティーラチャット

臨床開発学分野のホームページへ»

研究活動

  • 医薬品開発イノベーションのための人材育成
  • 途上国の責任ある機関での医療品開発基盤環境整備と技術移転
  • アジア、アフリカ、ラテンアメリカ地域における研究開発技術や科学情報を相互交換できるネットワークの構築、それによる医療・医薬品における地域格差の是正
  • 医療品開発のためのネットワーク構築

活動内容

  • トレーニング
    • 公衆衛生ニーズに応える医薬品研究開発に関する2週間コース
    • 医学研究倫理に関する3日間コース
    • 薬理遺伝子学を基本とした遺伝子学的研究
  • 研究
    • 乳癌、胆管癌、マラリア治療薬としての生薬及び生薬由来化合物開発
    • 臨床研究におけるインフォームドコンセントの向上に向けた方法の開発
    • マラリア感染患者が持つ薬物反応関連遺伝子やマラリア原虫の薬剤反応関連遺伝子に対する分子生物学的アプローチ
    • タイ王国における抗マラリア薬(プリマキン)の耐性遺伝子K13の遺伝的多様性に関する研究
  • ネットワーク
    • 製品研究開発 Product R esearch and Development(PRD)ネットワークの構築
    • 研究倫理に関するグローバルネットワークStrategic Initiative for Developing Capacity for Ethical Review(SIDCER)の運営

   最近の主な業績
1. Saeheng T et al., Eur J Clin Pharmacol., 2018.
2. Juntra K et al.,BMC Medical Ethics.,2018.
3. Na-Bangchang K et al., Evid Based Complement Alternat Med., 2017.
4. Koonrungsesomboon N et al., Eur J Clin Pharmacol., 2017.
5. Koonrungsesomboon N et al., Phytomedicine, 2016.

研究分野トップへ戻る»