English

細菌学分野

細菌学分野細菌学分野は熱帯地に蔓延または熱帯地から伝播される細菌感染症とその原因細菌に関する研究,とくに感染成立に関与する種々の病原因子の研究を展開している。

スタッフ

  • 講師 和田昭裕
  • 助教 中野政之

研究活動

ヘリコバクター・ピロリは消化性潰瘍,MALTリンパ腫,胃癌などの原因細菌であり,熱帯地域を含む発展途上国においては20歳前に約80%のヒトが感染している。本菌の病原性について,空胞化毒素VacAおよび4型分泌装置で宿主に注入されるエフェクター分子,CagAの感染における役割を解析している。
VacAは空胞変性のみならずミトコンドリア障害(1)によるアポトーシス(2)など多様な毒性を発揮する。とくに細胞接着に重要なGit1のリン酸化(3)およびp38MAPキナーゼ/ATF-2経路の活性化は空胞変性とは関係しない(4)。VacAの宿主受容体蛋白は2種の受容体型チロシンフォスファターゼ(RPTPαとRPTPβ)である事を明らかにした(5,6,7)。興味深いことにVacAが胃炎や胃潰瘍などの胃粘膜障害を引き起こすためにはRPTPβとの結合が必須である(3)。
最近,我々はこれまでVacAとの結合が判っていたもののその分子の構造と機能が不明な膜蛋白p500を同定し,その機能を詳細に調べた。胃由来株化細胞AZ-521からp500を精製して,p500がLRP1(低密度リポタンパク質受容体関連タンパク質1,low-density lipoprotein receptor-related protein 1)であることを明らかにするとともに,VacAはLRP1との結合を介してAZ-521細胞にオートファジーを誘導し,他のVacA受容体では誘導されなかった。LRP1 がオートファジー誘導に関与する初めての知見であり,VacAによる過剰なオートファジー誘導はアポトーシス誘導を引き起こすことも示した(8)。興味深いことに,ヘリコバクター・ピロリから宿主細胞へ注入された発ガン蛋白質CagAは,VacAが引き起こすオートファジーによって分解されるが,がん幹細胞のマーカー分子の1つであるCD44 variant 9(CD44v9)発現細胞ではこのアートファジーから分解を逃れ,蓄積する仕組みを獲得していることが判明した。

参考文献:
(1)Microb.Pathog.31:29-36,2001,
(2)J.Biol.Chem.281,11250-11259,2006,
(3)Nat.Genet.33:375-381,2003,
(4)J.Biol.Chem.279,7024-7028,2004,
(5)J.Biol.Chem.278:19183-19189,2003,
(6)J.Biol.Chem.279:51013-51021,2004,
(7)Cell Microbiol 7:1285-293,2005,
(8)J. Biol. Chem. 287:3104-3115, 2012,
(9)Cell Host Microbe. 12: 764-777. 2012

研究分野トップへ戻る»