English

ケニア拠点

平成17年9月の長崎大学熱帯医学研究所とケニア中央医学研究所(KEMRI)との覚書を取り交わしにより、NUITM-KEMRIプロジェクトが正式に発足した。プロジェクトの目的は、熱帯医学研究と教育を現場において実践することであり、翌年1月には、プロジェクト運営のためのケニアプロジェクト拠点(以下拠点)が設置された。拠点では、ナイロビにP2、P3,分子生物学的ラボ、病害動物ラボの研究施設を配備し、ビクトリア湖畔のビタ地区とインド洋側のクワレ地区に研究フィールドを設置、住民の登録とその動態を把握する(Health and Demographic Surveillance System: HDSS)やビタ地区においてはマラリア伝搬蚊を定期的に収集・分析するシステム(Mosquito Surveillance System)も稼働させている。

ケニア拠点のホームページへ»

スタッフ

  • 教授・拠点長 平山謙二
  • 教授・拠点長(代理) 金子聰
  • 助教 モハメド シャー
  • 戦略職員 竹内理恵(ケニア派遣)
  • 事務職員 齊藤幸枝(ケニア)
  • 事務職員 石黒政枝(ケニア)

研究活動

研究組織としては、研究資金を獲得した研究者が上記拠点施設やフィールドを利用し、実施する形式を取っている。これまでに獲得した大型研究費は、平成24年からの黄熱病やリフトバレー熱に対する迅速診断法の開発と警戒システムの構築を目指したSATREPS事業(既に終了)、平成21年4月から開始されたJSTやAMEDによる顧みられない熱帯病(NTDs)に対する一括抗体価測定による広域監視網の整備に関する研究事業がある。また、科研費による研究活動も活発であり、製薬会社による研究、Grand Challenge Canada(電子母子登録システムの開発)などの外部資金による研究活動も盛んになっている。また、調査フィールドの地域住民への還元として、平成21年JICA草の根技術協力事業を開始し、地域振興と学校保健に焦点を当てた活動を展開した(既に終了)。教育に関しては、熱帯医学・グローバルヘルス研究科、医歯薬学総合研究科とも連携し、ケニアからの研究者の留学を支援すると共に、上記大学院からの学生の受け入れも実施している。


   最近の主な業績
1. Shah M, et al., Jpn J Infect Dis.,70:442-447, 2017.
2. Wandera EA, et al., Trop. med. Health., 45:9 DOI:10.1186/s41182-017-0051-z, 2017.
3. Wandera EA, et al., Vaccine, 35, Issue 38:5217-5223, 2017.
4. Chadeka EA, et al., PLOS NTD., DOI:10.1371/ journal.pntd.0005872, September 1, 2017.

海外教育研究拠点トップへ戻る»