English

ケニア拠点

文部科学省による特別教育研究経費「新興・再興感染症研究ネットワークの構築」(平成17年9月~平成22年3月)(連携融合事業)及び特別経費「熱帯病・新興感染症臨床・疫学研究プログラム-アフリカと日本を結ぶ教育研究体制の構築-」(平成22年4月~平成28年3月)に引き続き、平成28年4月から機能強化経費「感染症制御に向けた研究・人材育成の連携基盤の確立―熱帯医学研究拠点からの取り組み‐」(全国共同利用・共同実施分)を開始した。
この事業は、アフリカに開設したケニア教育研究拠点を充実強化し、これを活用しながら、熱帯医学・臨床疫学研究の日本の中心として、公募研究者と協力して熱帯病・新興感染症の予防治療に資する研究を行うと同時に人材育成を行うものである。

ケニア拠点のホームページへ»

スタッフ

  • 教授・拠点長 一瀬休生(ケニア派遣)
  • 教授 皆川昇
  • 教授 濱野真二郎
  • 教授 橋爪真弘
  • 教授 金子聰
  • 准教授 井上真吾
  • 准教授 藤井仁人
  • 准教授 早坂大輔
  • 助教 二見恭子
  • 助教 モハメド シャー
  • 助教 竹内理恵(ケニア派遣)
  • 事務職員 齊藤幸枝(ケニア)
  •  〃  風間春樹(ケニア派遣)
  •  〃  八木志津子(ケニア派遣)
  •  〃  森かおり
  • 大学院生 神戸俊平
  • 大学院生 ガブリエル ディダ

研究活動

研究教育拠点の整備運営

これまで整備してきたナイロビのケニア教育研究拠点(P3ラボを始めとする拠点研究室の整備と運営)及び地方のリサーチサイト(ビタ、クワレ、ブシア)の整備(研究スペース及び会議室、情報通信ネットワークおよび機器、車両配置等)を行っている。

日本からの研究者および事務官の派遣

ケニア拠点リーダーとともに研究者2名が派遣され、事務官3名が拠点に長期派遣されている。他専任教授4名、准教授2名、助教2名が短期派遣で本プログラムの支援を行っている。

長期的・継続的研究,社会還元を行うためのフィールド活動の運営

ビクトリア湖畔のビタ地区およびインド洋に面した海岸地域のクワレ地区(平成22年~)では長期にわたり、特定した地域内の全人口、疾病、出生、死亡に関する情報を定期的に収集・集約するシステム(Health and Demographic Surveillance System: HDSS、人口静態動態調査システム)を稼働させ、ビタ地区においてはマラリア伝搬蚊を定期的に収集・分析するシステム(Mosquito Surveillance System)を稼働させている。また同地区では平成21年1月から3年間実施してきたJICA草の根技術協力事業に引き続き、新たな「学校保健」に焦点を当てた草の根技協プロジェクトを開始した。

熱帯病研究

西ケニアにおける寄生虫研究、マラリア媒介蚊やマラリア撲滅に関する研究、蚊媒介性ウイルス性出血熱研究、下痢症および敗血症研究等をナイロビ拠点の研究室とKEMRIHQの生産部門で行っている。平成24年から開始したJICA-AMEDプロジェクト(SATREPS)「ケニアにおける黄熱病およびリフトバレー熱に対する迅速診断法の開発とそのアウトブレイク警戒システムの構築」は本年1月に終了した。平成24年4月から顧みられない熱帯病(NTD)を対象とした血清疫学プロジェクト(科学技術戦略推進費、JSTプロジェクト第2フェーズ)の研究活動が始まり、更に平成27年11月からは「一括・同時診断技術をコアとするNTDs対策に資する大陸的監視網に向けたアフリカ・イノベーティブ・ネットワークの構築」(科学技術戦略推進費、第3フェーズ)が開始された。

教育プログラム

熱帯医学研究所で行われている熱帯医学修士課程にこれまでケニア人医師5名、平成25年度から新たに開始されたリーデイングプログラム大学院学生としてケニア人2名を派遣している。一方、長崎大学医歯薬博士課程学生および長崎大学大学院国際健康開発研究科から修士課程学生(毎年3名)さらに長崎大医学部、大阪市大医学部、大阪大学医学部、滋賀医科大学等からの学部学生の実地研修も受け入れている。

海外教育研究拠点トップへ戻る»