English

沿革

昭和17年3月 長崎医科大学附属東亜風土病研究所設立
昭和20年8月 原爆投下により研究所建物及び研究資料消失
昭和21年4月 長崎医科大学風土病研究所に改称
昭和21年5月 諫早市に移転し、研究活動再開
昭和24年5月 新制長崎大学に附置され、長崎大学附置風土病研究所に改称
昭和32年7月 諫早大水害により、施設、機器、研究資料等に壊滅的な被害
昭和34年3月 長崎市興善町の元長崎大学医学部附属病院外来患者診療所跡に移転
昭和36年3月 長崎市坂本町に新庁舎竣工
昭和36年4月 新庁舎に移転
昭和39年4月 疫学部門の増設
昭和40年4月 寄生虫学部門の増設
昭和41年4月 ウイルス学部門の増設
昭和42年2月 本館の第一次増築竣工
昭和42年6月 風土病研究所が熱帯医学研究所に改称
昭和42年6月 熱帯医学研究所内科として、医学部附属病院に設置
昭和49年4月 附属熱帯医学資料室設置
昭和49年4月 病原細菌学部門の増設
昭和53年3月 感染動物隔離実験棟竣工
昭和53年4月 防疫部門(客員部門)の新設
昭和53年4月 熱帯医学研修課程の新設
昭和54年4月 感染動物隔離実験棟が熱帯性病原体感染動物実験施設に昇格
昭和55年3月 本館の第二次増築竣工
昭和58年4月 国際協力事業団(JICA)の集団研修コース「熱帯医学研究所コース」開設
昭和59年4月 原虫学部門の増設
昭和60年8月 本館の第三次増設竣工
昭和62年4月 病害動物学部門の増設
平成元年5月 熱帯医学研究所は全国共同利用研究所に改組
平成3年4月 感染生化学部門の増設
平成6年3月 本館の第四次増築竣工
平成6年4月 大部門制に改組(3大部門12研究分野)
平成7年4月 世界の最先端の学術研究を推進する卓越した研究拠点(COE)の研究所に指定
平成8年4月 病原体解析部門に分子疫学分野(外国人客員分野)の新設
平成9年4月 附属熱帯医学資料室の廃止・転換に伴い、附属熱帯病資料情報センターの新設
平成13年4月 附属熱帯病資料情報センターの廃止・転換に伴い、附属熱帯感染症研究センターの新設
平成15年3月 本館の第五次増築(熱帯性病原体集中研究管理棟)竣工
平成18年3月 本館の改修工事竣工
平成20年4月 附属熱帯感染症研究センターの廃止・転換に伴い、附属アジア・アフリカ感染症研究施設及び熱帯医学ミュージアムの新設
平成21年6月 共同利用・共同研究拠点「熱帯医学研究拠点」に認定
平成23年4月 臨床研究部門(3研究分野)の増設
平成25年6月 附属熱帯性病原体感染動物実験施設廃止
平成26年4月 附属熱帯医学ミュージアムの移設

概要トップへ戻る»