English

顧みられない熱帯病イノベーションセンター

何のために

世界的な貧富の差の拡大は、各地で大きな社会不安をもたらし、犯罪の増加や治安の悪化、汚職の横行等の他、一部の過激派によるテロリズムや戦争へと発展しています。貧困地域の保健衛生状態も深刻で、寄生虫病をはじめとする風土病は、地域内ばかりでなく、時にエボラ出血熱のように広域に拡大し、地域問題ではなく地球規模で対処すべき問題となっています。とりわけ世界の人口の8割を占める途上国や熱帯地域の貧困層を苦しめる寄生虫疾患等の慢性感染症対策には公的な支援の枠組みが必要で、その対象となる感染症のことをまとめて顧みられない熱帯病(NTD)と呼んでいます。これらの病気は貧困層の病気であるため、新しい薬を作ったとしてもそれに見合う薬価が期待できず、先進国の民間企業がその開発に二の足を踏んでいるという特徴があります。日本はG7諸国を主導し、20年前から「橋本イニシアティブ寄生虫対策プロジェクト」や「太平洋地域フィラリア症対策プログラム」などこの領域の主要なプログラムを支援してきましたが、未だ十分とはいえず、特に熱研には日本を代表する熱帯感染症の研究センターとしての先導的な役割が強く求められています。そこで所内にこの領域の研究活動をさらに促進するメカニズムとして、産学官連携を主体とするNTD制御のための医薬品開発研究推進するためのセンターを2016年度より開設しました。

どうやって

WHOやG7サミットでは、NTD対策を世界コミュニティーの一員として先進国が率先して進めるべきであるとしています。
NTD制御に最も必要なのは、実際に病気が流行している途上国と研究開発能力のある先進国との緊密な協力です。この協力体制をベースとして、診断、治療、予防法のためのイノベイティブな医薬品開発研究や、研究成果の現場での実用化研究が進められていきます。
このような医薬品開発研究を具体化するためには、基礎研究でのシーズ発見から前臨床及び早期臨床試験に至るための複雑な知識や情報をまず研究者へ供給することが不可欠です。このため、1)アップデートな知識を毎年更新するトレーニングコースの運営や、2)各種財団や省庁などの研究開発助成に関する動向を探り必要な情報を研究者に提供するための恒常的な情報収集、3)熱研内外の関連研究に関する情報を広く知らしめるためのホームページやメルマガを用いた広報を中心に活動します。
このような環境整備により特に民間企業との共同研究を増加させ安定的で持続可能な研究開発体制を強化していきます。

今やっているのは

a)トレーニングコースの運営
●3つの教育コース(研究倫理、医薬品開発、医療経済学)
5月の研究倫理の国際研修コース(3日間)、8月の世界保健ニーズに応える医薬品開発研究ディプロマコース(7日間)、医療経済学短期入門コース(未定)

b)情報収集蓄積
●センター主催のシンポジウム企画 GHIT およびAMED担当者との講演会
●研究開発ポートフォリオシステムの構築
▷現時点で既に資金のあるものや申請中のものとして以下のようなものをあげることができます。

  1. 抗シャーガスコンパウンド(アステラス)
  2. 麻疹ワクチン組み換えデングワクチン(GHIT)
  3. エボラ出血熱迅速診断キット(東芝)
  4. マルチプレックス法によるNTD一括診断監視システム(AMED)
  5. 黄熱リフトバレー熱診断システム(AMED:SATREPS)
  6. 家屋シールド型蚊帳(住友化学)
  7. 住血吸虫症診断キット(AMED)
  8. 紫雲膏の皮膚リーシュマニア症への適用拡大(大草薬品)
  9. 抗アレルギー薬によるデング熱重症化予防 (科研費)
  10. 漢方の抗マラリア作用(富山和漢研共同)
  11. 東大オープンイノベーションセンターのコンパウンド抗マラリア薬(創薬拠点)
  12. リーシュマニアワクチン(GHIT)(シーズ)
  13. 肺炎球菌ワクチン(Gates)

c)有望研究支援
特に海外研究拠点におけるコホートをベースにした先進的な医薬品開発研究を対象にしており、2016年度はケニア拠点コホートの住血吸虫疫学研究、および富山和漢研との伝承薬研究を支援しました。

d)専門委員会の開催

誰がやっているの?

スタッフはすべて兼務で、専門委員会委員若干名を委任しています。

スタッフ

  • センター長 金子聰(兼務)
  • 所内委員 Juntra Laothavorn
  • 所内委員 Nguyen Huy Tien
  • 学内委員 藤原雄介(産学連携戦略本部)
  • 専門委員 一盛和代(フィラリアNTD室)
  • 事務職員 實藤英子

附属施設トップへ戻る»