English

NTDイノベーションセンター

顧みられない熱帯病(NTDs)は、貧困層を中心に蔓延する熱帯感染症のうち、WHO総会において指定された20種の疾患(多くはマラリアを除く寄生虫病)のことを指している。
1998年の橋本首相当時の寄生虫対策宣言(橋本イニシアティブ)以降、2012年のNTD対策ロードマップ発表、同年の国際官民パートナーシップ構築と2020年までのNTDs10疾患の制圧をめざす共同声明(ロンドン宣言)、2013年世界保健総会決議(WHA66.12)等を経て、現在、NTDsに対する国際的な対策活動が広く展開されてきている。
日本は、G7諸国を主導し「太平洋地域フィラリア症対策プログラム」などこの領域の主要なプログラムを支援してきた。熱研は、熱帯医学研究拠点として、NTD対策に資する有効な研究・開発に先導的役割を果たすことが期待されている。そこで、所内のリソースを活用し、この領域の医薬品開発研究を産官民と連携して推進することを目的として当センターを2016年、所内に開設した。NTD対策研究を推進するためのプロジェクトデザインの形成とそれにもっともよく適合した外部資金の探索のための情報を提供するとともに、これまでの経験や実績をアーカイビングする機能も果たしている。さらに熱研の海外拠点を利用した臨床開発研究を加速さ せるため、拠点病院を中心としたコホート研究プロジェクトの準備を進めている。
また全国共同利用研としての機能を活用し国内外のNTDs関連の組織団体のネットワーク構築をめざし、Japan Alliance on Global NTDs(JAGntd)という組織の事務局を2018年より受託事業として運営している。

NTDiセンターのホームページへ»

JAGntdのホームページへ»

スタッフ

  • センター長 平山謙二(免疫遺伝学分野 教授)
  • 副センター長 金子聰(生態疫学分野 教授)
  • 所内委員 木原毅(産学連携室 教授)
  • 所内委員 濱野真二郎(寄生虫学分野 教授)
  • オブザーバー 森田公一(熱帯医学研究所 所長)

附属施設トップへ戻る»