English

バイオリソースセンター(熱研生物資源室 NBRC)

バイオリソースセンター熱研生物資源室(NEKKEN Bio-Resource Center, NBRC)は、文部科学省が2002年度より開始した「ナショナル バイオリソース プロジェクト(以下NBRP)」について、研究所直下のプロジェクト業務として取り組むことを目的に2015年度に設置された。本プロジェクトは、ライフサイエンス研究の基礎・基盤となる重要な生物種等であって、 我が国独自の優れたバイオリソースとなる可能性を有する生物種等について収集・保存・提供を行う拠点を整備するものである。5年ごとの内容見直しをおこない、新たなバイオリソース参画研究機関を加えて、2018年に第4期の2年目を迎えた。2009年度に文部科学省は本プロジェクトを委託事業から補助金交付事業とし、また2015年度には日本医療研究開発機構の傘下に移った。NBRCも本プロジェ クトが研究コミュニティにとって一層欠くべからざる知的基盤となるよう取り組んでいる。
熱帯医学研究所は、NBRP第1期発足以来、千葉大学を代表機関とする「NBRP病原微生物」の中核拠点として、病原性原虫を分担している。熱研生物資源室の設置以前は、原虫学分野(第1期の5年間)と免疫遺伝学分野(第2期と第3期前半、8年間)がNBRP事業を兼務していた。この事業はNBRCに引き継がれ、現在、保有している793株の原虫のうち、約半数をリソースとして提供できる体制となっており、これまでに、延べ807件のリソース提供実績がある。NBRCでは、以下のサービスを請け負うことにより、原虫感染症と病原性原虫の研究と教育を支援している。(1)国内の原虫株保有者からの原虫株情報を収集してウェブサイトで公開。(2)病原性原虫を研究材料とする研究者や研究機関へリソースの提供。(3)後継者不在や間近に退職を控えた研究者からの原虫株の寄託受け入れ。(4)これら原虫株の維持・管理。(5)当室で作製した原虫標本の医学教育機関への提供。またNBRCはリソースの付加価値向上や保存技術等の開発を実施し、より一層の質の向上を図っている。
提供可能な原虫株の詳細は下記ウェブサイトにて公開されている。

熱研バイオリソースセンターのホームページへ»

病原性原虫の提供手数料について»

病原真核微生物-ナショナルバイオリソースプロジェクト-のホームページへ»

スタッフ

  • 室長 金子 修
  • 事業担当 風間 真
  • 事業協力 濱野真二郎
  • 事業協力 リチャード カレトン
  • 事業協力 北 潔

附属施設トップへ戻る»