English

熱帯医学ミュージアム

熱帯医学ミュージアム熱帯医学ミュージアム附属施設は1974年に設置された熱帯医学資料室を前身としている。1997年に熱帯病資料情報センター,2001年に熱帯感染症研究センターの任務の一部として改組され,2008年より附属施設として新設され,2014年には長崎大学医学ミュージアムへ移設された。当施設は以下の2つの任務を備えている。

一つは熱帯病に関する「博物館・資料館」としての機能である。現在、熱帯病に関する概説パネル、寄生虫、細菌、ウイルス、病原媒介昆虫、危険動物などの標本、貴重図書、映像資料を展示・保存している。また、少人数に対する視聴覚コーナーを設け、随時、貴重な映像を流している。収集された資料は数千点にもおよび、熱帯医学の歴史と哲学、感染症に対するリスクコミュニケーションや市民科学にも寄与する体制を整えている。また、2015年4月から5月にかけて、長崎大学主催の「感染症とたたかう長崎大学展」が長崎歴史文化博物館において開催されたが、当施設からは熱帯病に関する多くの展示資料を提供し、市民の方々にご覧いただいた。

二つ目に、熱帯医学情報の発信、収集、整理、分析という「情報センター」としての機能である。これは、熱帯医学に関わる日々の研究活動、対策活動にとって必須なものとなっている。2012年度には基盤整備によってネットワーク機器の更新を行い、仮想化技術と冗長性を持った安全で各種の要求に答えることができる設備になった。各種データベースの整備も行い、研究評価システムと熱帯医学ミュージアムのデータベースを運用している。また、VPNによって海外拠点の研究者に大学と同等の環境を提供するとともに、ビデオ会議システムを導入して国際会議やe−ラーニングを行っている。

スタッフ

  • 館長 皆川昇
  • 教授(有期) 堀尾政博
  • 戦略職員 橋口昌平
  • 技術職員 荒木一生
  • 技能補佐員 須田清美
  • 技能補佐員 谷山沙也加

熱帯医学館データベースのサイトへ»

附属施設トップへ戻る»