English

熱帯医学ミュージアム

熱帯医学ミュージアム熱帯医学ミュージアム1974年に設置された熱帯医学資料室を前身としている。1997年、熱帯病資料情報センターの業務の一部として改組され、2001年には熱帯感染症研究センターへ改組、2008年に現在のかたちの熱帯医学ミュージアムとして新たに設置された。2014年4月、熱帯医学ミュージアムはこの年に竣工したグローバルヘルス総合研究棟と連結した旧原研2号館の1階部分に移転した。展示面積は従来の1.5倍、別に標本専用の部屋と書庫も有している。
展示はプロローグ、寄生虫学、細菌学、ウイルス学に大別され、熱帯地域で頻繁に興る疾病に関する約80枚の概説パネル、顕微鏡病態映像、モニターの動画、病原体媒介動物の標本や模型などを用い、それぞれの疾病について詳しく解説している。日本国内のみならず、海外からの来場者も多く、英文のパネル解説をタブレットに導入し対応している。また、高度安全実験(BSL-4)施設の模型や、そこで使用される防護服を展示し、BSL-4施設に関する理解の醸成につとめている。
当室は、主に以下の3つの任務を備えている。

  1. 熱帯病に関する「博物学・資料室」としての機能: 現在、熱帯病に関する概説パネルを初めとして、寄生虫、細菌、ウイルス、病原媒介昆虫、危険動物などの標本、貴重図書、映像資料を展示・保存している。また、視聴覚コーナーでは、80インチの大画面で、吸血中の蚊の様子などを見ることができる。収集された資料は数千点におよび、熱帯医学の歴史と哲学、感染症に対するリスクコミュニケーションや市民科学にも寄与する体制を整えている。
  2. 研究活動: 当室教授の奥村は、平成25年10月よりラオス人民民主共和国中南部のサワナケート県にて少数民族を対象に5歳未満児の健康を阻む危険因子に関する前向きコホート研究を開始し,2週間毎に追跡している(研究終了は平成32年3月の予定)。感染症、保健行動、栄養など種々の疫学情報を入手し、分野横断的に健康に及ぼす要因を明らかにするものである。
  3. IT環境整備: 2018年度には基盤整備によってネットワーク機器の更新を行い、仮想化技術と冗長性を持った安全で各種の要求に対応する環境を熱帯医学研究所および海外拠点の研究者に提供している。

   ◎熱帯医学ミュージアム開館時間   平日9時~17時(土日祝日休館)

スタッフ

  • 教授 奥村順子
  • 技術職員 荒木一生
  • 技能補佐員 須田清美
  • 技能補佐員 谷山沙也加
  • 技能補佐員 富永佐登美

熱帯医学館データベースのサイトへ»

附属施設トップへ戻る»