English

教育

熱帯医学・グローバルヘルス研究科(修士課程)

平成27年4月、「長崎大学大学院 熱帯医学・グローバルへルス研究科」が設置された。

これは、熱帯医学研究所の教員が中心となって教育・研究指導を行ってきた医歯薬学総合研究科熱帯医学専攻(修士課程)および国際健康開発研究科国際健康開発専攻の2つの修士課程が、発展的に統合された研究科であり、同年10月に学生受け入れを開始した。

同研究科は、3つの修士課程コース(熱帯医学コース、国際保健開発コース、ヘルスイノベーションコース)から構成される。それぞれが個別のコースワークを持ちつつ、グローバルヘルス課題とその解決法を総合的に学ぶため、3コース共通の合同講義などが配置されている。その他、全ての講義を英語で行っていること、この分野で世界をリードしているロンドン大学衛生・熱帯医学大学院との連携による教授陣、教材の活用などが特徴としてあげられる。

熱帯医学・グローバルヘルス研究科の詳細はこちら»

大学院博士課程

長崎大学大学院組織は平成14年度より変更され、旧来の医学研究科、歯学研究科、薬学研究科が統合され生命医科学系の大学院医歯薬学総合研究科となった。研究科は6つの専攻を含み、熱帯医学研究所の全分野は新興感染症病態制御学専攻の中の熱帯医学講座に包含された。さらに平成25年度には同専攻内に文部科学省の博士課程教育リーディングプログラム「熱帯病・新興感染症制御グローバルリーダー育成コース」(定員15名)が設置された。本コースは熱帯病・新興感染症について幅広い知識と技術、グローバルな俯瞰力を備えた国際的リーダーの育成を目的とし、4年間を通した英語による実践的コミュニケーションスキル教育の導入、2回にわたる海外研修の必修化などを特色としている。本コースには熱帯医学研究所の教授、准教授、助教計20名が参画し、本コースに所属する学生の教育・研究指導において中核的な役割を担っている。

熱帯病・新興感染症制御グローバルリーダー育成プログラムの詳細はこちら»

熱帯医学研修課程(3ヶ月コース)

本研修課程は、熱帯医学に関する短期研修コースである。熱帯医学の研究または、熱帯地での保健医療活動に実際に従事しようとする者に対し、熱帯地における医学的諸問題についての現代科学に基づく基礎的知識の習得、またその応用に必要な技術の研修を行うコースである。昭和53年度(第1回)に定員10名として開設されたが、平成12年度からは定員が5名増加し15名となった。平成27年度(第38回)まで488名の修了生(医師192名、看護師、保健師、助産師、薬剤師など296名)を輩出してきた。全国からの応募者を対象に所内の教員、および多数の所外講師・所外運営委員の協力を得て運営されている。

本研修課程は期間を4月から6月までの3ケ月(13週)とし、カリキュラムは、ウイルス学、細菌学、原虫学、寄生虫学、病害動物学、病理学、免疫遺伝学、疫学、人類生態学、社会医学、臨床医学の広きにわたり、1)講義、2)実習、3)野外実地研修によって構成される。また特別講義では、熱帯地の風土・文化・医療活動の実態等がとりあげられる。この研修の全課程を修了した研修生には、修了証書および英文のディプロマが授与される。

熱帯医学研修課程の詳細はこちら»

医薬品研究開発ディプロマコース(国際連携、3週間)

医薬品開発に関する専門コースとして、シーズの発見から臨床開発、承認後の問題に至る7つのモジュールで、内外の専門家が講義を行う。講義や試験は全て英語で実施する。期間中、製薬会社の工場見学が組み込まれることもある。

医薬品研究開発ディプロマコースの詳細はこちら»

医学研究のための倫理に関する国際研修コース

このコースでは研究倫理についての基本的な考え方を学ぶと同時に、近年の研究倫理に関する国内外における議論を把握することができる。主たる内容は、研究倫理の基本原則、インフォームド・コンセント、リスク・ベネフィット評価、既存資料の利用、国際共同研究における倫理である。これに加えて、子どもを対象とする研究の倫理、コミュニティを対象とする研究の倫理、プラセボ対照試験の倫理、研究と治療の区別、倫理審査委員会の構成や機能等についても学ぶ。

医学研究のための倫理に関する国際研修コースの詳細はこちら»

トップページへ戻る»