熱研生物資源室よりトピックスをお届けします
[  素朴な疑問  : その二  ]
====    原虫の,検出と分離の違いとは?    ====

原虫の【検出】とは,
ヒトや,媒介昆虫も含めて動物体内中の原虫保有の有無を調べて
陽性と確定することと,その原虫種の同定です.
同時に,その原虫に由来する核酸も得ることができますが,
得たものは,データであったり,生命のない物質です.

一方,ヒトや,媒介昆虫も含めて動物体内から検査材料をもとにして,
実際に,その原虫をフラスコ内(
in vitro)や,実験動物体内(in vivo)で
増殖させることができているのを【分離】と呼びます.
得たものは,生命体です.

【検出】は
1回限りの陽性の判定とそれから得たデータで終わってしまいますが,
【分離】はその後それを研究材料として,時代を超えて世界中の研究者たちが使うことができるため,両者には大きな違いがあります.

最近,原虫を分離され,それが非常に珍しいケースというご経験をされた方は
是非当室までご連絡ください.
メールアドレス protozoa○tm.nagasaki-u.ac.jp
の○を@にかえてお送りください