熱研生物資源室よりトピックスをお届けします

[ 続編 その2 ] アフリカ・トリパノソーマ原虫の、血流型を昆虫型へ変えてしまう要因は一体何?
====
手元の培養液に加える血清に注目したら, 培養温度に無関係に, 血流型にも, 昆虫型にも思うままに❗❗ ====


このページの完成まで今しばらくお待ちください.

この説明は,[
続編 その1 ] ==== 意外と, 手元の培養液の組成にあった❗❗ ====
の続きですので, [ 続編 その1 ] からお読みください.

26
℃の培養温度条件で, 血清Aの一部を使用しますと, 血流型のまま培養でき, 一方, 血清Cの一部を使用しますと, 原虫はすべて昆虫型になります.
もちろん, 血清Bの一部を使用しますと, 血流型だけの培養系にも, 昆虫型だけの培養系にも変化させることができますので, 発育ステージだけに絞り,増殖速度の優先度を求めないのであれば, 培養に用いる牛胎児血清はどのロットのを使用しても, 血流型にも昆虫型にも思うがままにそのステージだけの培養が可能ということになります.


アフリカ・トリパノソーマ原虫の, in vitro 培養にご関心のある方は当室へご連絡ください.
メールアドレス protozoa○tm.nagasaki-u.ac.jp ○を@に変えてお送りください。