熱研生物資源室よりトピックスをお届けします
[  素朴な疑問  : その一  ]
====    マウスの腹腔内に接種した原虫が, 早晩, 末梢血液中に出現するのは, どうして?   ====

(1)
ネズミ・マラリア原虫の赤内型をマウスの腹腔内に接種(ip)しますと, 数日後には, 末梢血液中に, 増殖してきたマラリア原虫を検出します.  いわゆる, 原虫血症です.マラリア原虫の赤内型は, 赤血球内でしか増殖しませんが, 腹腔内にマラリア原虫を接種したときに, 腹腔内に赤血球はありませんので, 腹腔内でマラリア原虫が新たな赤血球に感染したのではありません. 
マラリア原虫が血液中へ移動後に, 他の赤血球に次々と感染することで, 増殖してきた(原虫血症陽性)のですが, 哺乳類の循環器系は, 閉鎖血管系ですから, 赤血球は血管外へ漏れでないつくりになっています. では, どのようにしてマラリア原虫は末梢血液中に移動したのでしょうか?ネズミ・マラリア原虫のマウスへの感染実験では,もちろん,直接血管内への接種(iv)方法もありますが,接種しやすいのは腹腔内接種です.

(2)
アフリカ・トリパノソーマ原虫を, マウスの腹腔内に接種しますと, 数日後には, 増殖してきたトリパノソーマ原虫を末梢血液中に検出(原虫血症)します.
アフリカ・トリパノソーマ原虫は細胞内に侵入しませんが, 体液中で増殖可能ですから, 腹腔内で増殖しますし, 血液内でも増殖します.
では, どのようにしてトリパノソーマ原虫は末梢血液中に移動したのでしょうか?


(3)
マウスの腹腔内に接種されたトキソプラズマ原虫も, アメリカ・トリパノソーマ原虫も, 両者はそれぞれ腹腔内の細胞内に侵入して増殖します.
それでは, それらの原虫は, それぞれどのようにして, 腹腔内から他の部位へ移動するのでしょうか?


(1) (2) (3)
とも, 腹腔内接種する際に, 誤って,血管を傷つけ, 血管内に原虫が注入されることもあり得るのですが, ここでは, それはなかった, とします.

ところで, マウスの腹腔内に, トキソプラズマ原虫を接種し, 後日原虫血症を形態学的に検出されたご経験のある方は, 当室までご一報ください.
メールアドレス protozoa○tm.nagasaki-u.ac.jp ○を@に変えてお送りください。