子供の写真
教員からのメッセージ

杉浦 康夫 客員准教授
担当科目:小児保健、国際保健学演習
松井三明客員教授

母子保健、地域保健、学校保健、国際保健政策に興味を持って仕事をしております。しかしながら、国際保健分野はやればやるほど、自分たちのやっていることは、どのような成果があったのかという指標ではなく、成果の陰や周囲に隠れて見えないもの、そこに本当の鍵があるように思います。少し先を歩くものは後から来る人たちに、その成果なるものの追及の仕方だけではなく、その陰や周囲を分かち合う必要があるのではないか、と考えています。

■ 略歴
昭和62年奈良県立医科大学卒業後、滋賀医科大学小児科に入局。
平成5年よりロサンゼルス小児病院血液腫瘍部門で小児がんの転移の研究を行う。平成10年より国際保健医療協力分野へ方向転換し、ケニアでJICA長期専門家を経験する。
平成13年に国立国際医療研究センター国際医療協力局に入り現在に至る。