子供の写真
教員からのメッセージ

青柳 潔 教授
担当科目:環境保健学、国際保健学演習T
青柳潔教授
熱帯医学では、発展途上国という地域、集団の健康と疾病の問題を扱うが、当該科目ではさらに広く公衆衛生学一般の基礎概念、政策、対策活動などを学ぶ。「健康転換」によって、途上国の中には、従来の感染症を克服できないまま、人口の老齢化を招き、心疾患、脳血管疾患、悪性腫瘍など非感染性疾患が混在している国が増えている。一方わが国では、感染症による死亡が減少し、非感染性疾患のうち心疾患、脳血管疾患、悪性腫瘍による死亡が6割にも及んでいる。わが国のこれまでの公衆衛生学的対策の経験とこれからの対策を教授し、途上国での活動に役立てる。
■ 略歴

福岡県生まれ。
1985年 長崎大学医学部卒業。
1989年 長崎大学大学院医学研究科(社会医学専攻)修了、同年長崎大学医学部整形外科。
1995年 Hawaii Osteoporosis Center 留学(Research fellow)。
1997年 長崎大学助手(医学部公衆衛生学)。
1998年 長崎大学講師(医学部公衆衛生学)。
2000年 長崎大学助教授(医学部公衆衛生学)。
2002年 長崎大学教授(大学院医歯薬学総合研究科公衆衛生学分野)。
博士課程学生との勉強会にて。
博士課程学生との勉強会にて。