★蚊はなぜ血を吸うのか?

一般的に、蚊の成虫は活動エネルギーを花蜜や植物の汁液に含まれる糖から接種していますが、雌の成虫は卵発育のため、高タンパクな動物の血液をも必要とします。各種蚊が栄養供給源としてどの動物を嗜好するかは種により様々で、例えば、普通は哺乳類、鳥類両方から吸血する種が多いのですが、哺乳類だけを吸血するもの、鳥類だけを吸血するもの、両生類だけを好む種もいます。一方で、雌でありながら吸血を必要としない性格(無吸血産卵性)のものもいます。それらは、幼虫時に十分な栄養を蓄え、最初の産卵は無吸血で卵発育し産卵することができます。また、吸血産卵種の中にもときに任意的無吸血産卵をする種がいるのですが、それらは宿主動物の少ない寒冷地方において成虫期のストレスを回避するために無吸血産卵性に性格を変えると考えられています。