最も簡便な方法は、ヒトが囮になって吸血しに来る蚊を吸虫管で捕まえる方法です。しかし、この方法

は採集者が蚊に刺されて疾病を発症する危険性が高いので、倫理的な問題があります。

機械を使って捕まえる方法も有効です。写真は、CDCミニアチュアトラップという捕集機です。黒い円形のカ

バーの下にモーターがあって、ファンを回して近寄ってくる蚊を吸い込んで、下にあるネットに捕集されます。

蚊をおびき寄せるために、小さな豆電球を点灯したり、ドライアイス(写真の保冷バッグの中)を一緒に仕掛け

たりします。赤いケースはモーター用の電池ケースです。

 

雌の蚊は、吸血した後に壁で休息する性質があるので、早朝に家に行くと壁に止まっている蚊を採集することが出来ます。

ヒトが口で吸う吸虫管や、電動の吸虫管を使います。また、試験管を蚊の後ろからそうっと近づけて捕集することも出来ます。

 

アフリカでは、スプレーキャッチ法という方法が一般的です。白いシーツを家の床に敷き詰めて、ピレスロイド系殺虫剤を含有する

エアゾールを家の中と外に同時にスプレーし、シーツを回収して、ノックダウンしたかを集める方法です

 

こんな方法もあります。