熱帯病治療薬(オーファンドラッグ)

当科は「わが国における熱帯病・寄生虫症の最適な診断治療耐性の構築」に関する研究班に参加しています。

この研究班は、国内で発生する輸入熱帯病や寄生虫症の治療に必要な稀用薬(オーファンドラッグ)を輸入、保管、供給することにより、それらの治療が最適に行われることを目指しています。

詳細は「わが国における熱帯病・寄生虫症の最適な診断治療耐性の構築」に関する研究班のHPをご覧下さい。

原則として患者様は当大学病院で治療を受けてもらいますが、搬送が困難な重症例の相談も受けることができます。

連絡先

〒852-8523 長崎県長崎市坂本1-12-4
長崎大学熱帯医学研究所 臨床感染症学分野
森本 浩之輔
Tel : 095-819-7842 Fax : 095-819-7843
E-mai l: komorimo@nagasaki-u.ac.jp(※メール送信の際には@を半角に変換して下さい)

| トップページ | 教授メッセージ | 診療活動 | 海外活動 | 教室紹介 | 研究 | 募集 | リンク | サイトマップ |
熱研内科3つの柱 | 1.海外医療活動 | 2.臨床医育成 | 3.研究 |
長崎大学熱帯医学研究所 臨床感染症学分野
長崎大学病院 感染症内科(熱研内科)
〒852-8523 長崎県長崎市坂本1丁目12-4
TEL:095-819-7842 FAX:095-819-7843
Copyright(C) 2008 Nagasaki University All Rights Reserved.