准教授 : 森本 浩之輔

略 歴
氏名 森本 浩之輔
現職名 長崎大学熱帯医学研究所 臨床感染症学分野 准教授
出身高校(卒業年) 青雲高校(1987年)
出身大学(卒業年) 長崎大学医学部(1993年)
専門領域 呼吸器病学、呼吸器感染症
研究テーマ 肺の炎症終息、呼吸器感染症
所属学会 日本内科学会
日本呼吸器学会
日本感染症学会
日本熱帯医学会
アメリカ胸部疾患学会
資格 内科学会認定医・総合内科専門医
呼吸器学会専門医・指導医
呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
感染症学会専門医
厚生労働省認定臨床研修指導医
学 歴
1995年4月〜 長崎大学研究生
2003年 医学博士
職 歴(業務歴)
1993年6月〜1993年12月 長崎大学医学部付属病院
1993年12月〜1994年6月 田上病院
1994年6月〜1995年6月 野母崎町立病院
1995年6月〜1995年12月 愛野記念病院
1995年12月〜1996年12月 壱岐公立病院
1996年12月〜1997年12月 十善会病院
1997年12月〜2000年12月 虹が丘病院
2000年12月〜2003年8月 長崎大学医学部付属病院
2003年9月〜2005年9月 コロラド州コロラド大学呼吸器科
2005年10月〜2006年3月 長崎大学医学部歯学部付属病院(現 長崎大学病院)、長崎大学熱帯医学研究所臨床医学分野(現在臨床感染学分野)助手
2006年4月〜現在 同上、現職
研 究 歴
1996年〜1998年 口腔内常在菌の菌体成分の気道上皮におけるIL-8誘導能
1998年〜現在 アポトーシス細胞の貪食除去と呼吸器におけるその意義
2007年〜現在 遺伝性肺胞蛋白症の病態解析
2008〜現在 国内における成人肺炎の疫学的研究
主な業績
  • Morimoto K., Janssen W. J., Terada, M. Defective efferocytosis by alveolar macrophages in IPF patients. Respiratory medicine, 2012; 106(12), 1800–1803.
  • Ono S, Tanaka T, Ishida M, Kinoshita A, Fukuoka J, Takaki M, Ariyoshi K, Yoshiura K, Morimoto K. Surfactant protein C G100S mutation causes familial pulmonary fibrosis in Japanese kindred. Eur Respir J. 2011; 38(4), 861–869.
  • He M, Kubo H, Morimoto K, Fujino N, Suzuki T, Takahasi T, Yamada M, Yamaya M, Maekawa T, Yamamoto Y, Yamamoto H. Receptor for advanced glycation end products binds to phosphatidylserine and assists in the clearance of apoptotic cells. EMBO Rep. 2011;12(4):358-64.
  • Tanaka T, Nakata K, Morimoto K. et al. Adult-onset hereditary pulmonary alveolar proteinosis caused by a single-base deletion in CSF2RB. J Med Genet 2011;48(3):205-9.
  • Tanaka T, Terada M, Ariyoshi K, Morimoto K. Monocyte chemoattractant protein-1/CC chemokine ligand 2 enhances apoptotic cell removal by macrophages through Rac1 activation. Biochem Biophys Res Commun. 2010;399:677-82.
  • Morimoto K, Janssen WJ, Fessler MB, McPhillips KA, Borges VM, Xiao YQ, Kench JA, Henson PM, and Vandivier RW. HMG-CoA Reductase Inhibitor Enhances Clearance of Apoptotic Cells with Anti-inflammatory Implications. J Immunol 2006 Jun 15;176(12):7657-65.
  • Amano H, Morimoto K, Senba M, Wang H, Ishida Y, Kumatori A, Yoshimine H, Oishi K, Mukaida N, Nagatake T. Essential contribution of monocyte chemoattractant protein-1/C-C chemokine ligand-2 to resolution and repair processes in acute bacterial pneumonia. J Immunol. 2004 Jan 1;172(1):398-409.
  • Morimoto K, Amano H, Sonoda F, Baba M, Senba M, Yoshimine H, Yamamoto H, Ii T, Oishi K, Nagatake T. Alveolar macrophages that phagocytose apoptotic neutrophils produce hepatocyte growth factor during bacterial pneumonia in mice. Am J Respir Cell Mol Biol. 2001 May;24(5):608-15.

   岩田健太郎先生と症例討論会を開催しました 2009/7/1

   第49回日本呼吸器学会学術講演会 報告 2009/6/12-14

| トップページ | 教授メッセージ | 診療活動 | 海外活動 | 教室紹介 | 研究 | 募集 | リンク | サイトマップ |
熱研内科3つの柱 | 1.海外医療活動 | 2.臨床医育成 | 3.研究 |
長崎大学熱帯医学研究所 臨床感染症学分野
長崎大学病院 感染症内科(熱研内科)
〒852-8523 長崎県長崎市坂本1丁目12-4
TEL:095-819-7842 FAX:095-819-7843
Copyright(C) 2008 Nagasaki University All Rights Reserved.