教室員紹介

土橋 佳子

長崎大学医学部卒業 1992年医師免許取得。2003年医学博士
内科認定医、呼吸器学会専門医
所属学会:日本内科学会、呼吸器学会、感染症学会、結核病学会、呼吸器内視鏡学会

宮城 啓

沖縄県出身。琉球大学医学部医学科卒業、1992年医師免許取得
東京都立豊島病院・琉球大学第一内科・在ラオス日本大使館勤務後、2006年より熱研内科に勤務、熱帯医学・渡航医学・NGO活動などに従事

古本 朗嗣

鹿児島大学医学部卒業 1995年医師免許取得。2008年医学博士
日本内科学会認定内科医、総合内科専門医 日本感染症学会感染症専門医 日本呼吸器学会呼吸器専門医 日本化学療法学会 抗菌化学療法指導医 ICD制度協議会ICD
所属学会:日本内科学会 日本感染症学会 日本呼吸器学会 日本化学療法学会 日本救急医学会 日本熱帯医学会 日本ワクチン学会
ひとこと:
外来医長として後期研修医の先生方と共に院内各診療科からの感染症コンサルト業務も行っています。
先日当科石田先生と共に当院全看護師さんに各病棟を行脚し敗血症と血液培養について講義を行いました。当院における血液培養の普及に努めております。
以前は、肺炎球菌ワクチンの臨床研究、インフルエンザ菌のバイオフィルム、細胞壁におけるシアル酸の役割などの研究も行っていましたが、現在は臨床と教育に追われています。

本田 章子

佐賀大学医学部卒業 1995年医師免許取得。2009年医学博士(長崎大学)取得
総合内科専門医、感染症専門医、呼吸器専門医、ICD、がん治療認定医、弓道4段
所属学会:日本内科学会、呼吸器学会、呼吸器内視鏡学会、肺癌学会、感染症学会、化学療法学会、環境感染学会、熱帯医学会、医療の質・安全学会
ひとこと:
趣味(?)といえるのかどうか・・・温泉・カラオケ・猫が大好きです。

田中 健之

熊本大学医学部卒業 2002年医師免許取得
内科認定医、呼吸器専門医
所属学会:日本内科学会、日本呼吸器学会、日本感染症学会, ATS(American Thoracic Society)

研究会、学会などの報告

神白 麻衣子

千葉大学卒業 1999年医師免許取得 内科認定医
2009年 DTM&H(Graduate Diploma in Tropical Medicine and Hygiene, Mahidol University, Thailand)

所属学会:日本内科学会、日本プライマリ・ケア連合学会、救急医学会、呼吸器学会、感染症学会、国際保健医療学会

沖縄県立中部病院プライマリケア医コースで研修後、沖縄県内で離島診療所(西表大原診療所、伊平屋診療所)、中部病院地域救命救急科等に勤務しました。2007年よりNGO活動(ジャパンハート)に参加し、2008年 沖縄県立病院退職、ミャンマーでの医療活動に参加。2009年、マヒドン大学で6ヶ月間熱帯医学を勉強し、再度カンボジア、ミャンマーでの医療活動に参加したのち、2010年4月に長崎大学熱研内科に入局しました。これまでプライマリケア医として地域、途上国で臨床に携わってきましたが、感染症や呼吸器をきちんと勉強し直し、もう少し専門性をもって国際協力活動、地域医療に関われたらと思っています。

伊藤 博之

長崎大学医学部卒業 2008年医師免許取得
所属学会:日本内科学会、日本感染症学会、呼吸器内視鏡学会

柿内 聡志

鹿児島大学医学部卒業 2008年医師免許取得
所属学会:日本内科学会 日本感染症学会

趣味は運動(水泳、バドミントン)、カラオケ(喉から血が出るほど)、映画鑑賞(ココウォーク近くて便利!)

学生時代に行ったマイアミの気候・風土・周囲の人々の陽気さに感銘を受け、また、当時日本ではそれほど知名度の高くなかった感染症科というジャンルに魅せられてはや3年。海外とのつながりを大事にしてくれることと、感染症の勉強を同時にできる場所として後期研修先に熱研内科にお世話になることになりました。志だけは高く、という私に対して上の先生方は基本的に優しく、ごくたまに厳しく、色々と教えてくださること、大変感謝しております。また、同僚にも恵まれ、日々面白おかしく(ときどき真面目に)過ごさせてもらっています。今後の自分の人生のプランはまだ定まっておらず、色々と試行錯誤していく所存(?)ですが、この科ならその辺も受け入れてくれるだろうと、懐の広さを実感している次第です。
基本的に自分の今いる環境に満足しない人間で、次こそはよりよい環境へ!そこでStep upだ!と常日頃から思っていた人間ですが、ここは、そんな自分でも「今の自分にとって、これ以上の環境は今の日本にはあるのか・・・?」と考えるほど、今の自分にとっては過ごしやすいところです。同僚にもよくそんな話をします。自分の意見をちゃんと聞いてくれる同僚、お互いの意見のすり合わせをきちんとおこなってくれる上司、いつでもグラム染色できる部屋(これは日本でもいくつかあるかも)など、挙げればきりがありません。あとは、自分の研鑽を行い、Step upを進めていくだけ・・・なのですが、1年後には、「ああ、自分はこの科にいて、すこしは成長したかなぁ」と思えるよう、これからもがんばっていきますので、よろしくお願いします!

加藤 隼悟

1981年4月4日東京生まれ。2000年3月に麻布高校卒業後アルバイトと通信教育Z会に精を出し、2001年4月琉球大学医学部医学科へ進学。6年間で無事に卒業し、2007年4月から国立病院機構長崎医療センターで初期研修開始。2年間の研修を終え、2009年4月から長崎大学熱研内科でお世話になっています。

課外活動としては中学時代は授業よりもバスケットボールに熱をあげ、その後も現在までバスケット好きです。高校ではアメリカンフットボール部に所属し、都内最軽量のフットボーラーでした。大学でも全学アメリカンフットボール部に所属するも、在沖米軍関係以外に試合相手がなく、次第に練習参加もままならなくなり医学部ウインドサーフィン部に転向。医学部では熱帯医学研究会にも所属し、20期 島崎貴治部長(現熱研内科メンバー)の後を継いで部長となりました。国家試験対策委員会の委員長も拝命し、強化合宿なるものを企画して楽しんでいました。今なお沖縄をこよなく愛し、特に海を満喫した6年間に感謝しています。特技は素潜り+モリ突き、趣味は6年生になって慌てて始めたサーフィンです。

勉学については、大学を決める時点から熱帯医学・国際医療協力に興味を持っており、最も熱帯地に近い大学を選びサークル活動を通して熱帯医学を学びましたが、やがて長崎大学熱帯医学研究所の存在を知り、南へ行きすぎたことを悟りました。後期研修は大学へ行くつもりでいたため、初期研修は市中病院で頑張ろうと思い長崎医療センターを選んでいます。初期研修中は救急救命の面白さと難しさを堪能しつつ、熱研内科の情報を集めていました。遂に念願の熱研内科に仲間入りできて、現在とても嬉しく思っています。最近は、優しくもとてつもなく情熱的な先輩医師に臨床のご指導を賜りつつ、世界へと通じる研究・コミュニケーションの輪と和を見せつけられて、己の小ささを思い知らされる日々です。

将来は自分も専門分野として熱帯医学を体系的に学び、感染症・国際医療協力・医学教育の分野などで役に立てる人間になりたいと思っています。そのために留学して医学のみでなく文化・人間の違いを学び、時には日本を離れた場所での仕事も経験したいと思っています。まだまだ一人前には程遠いですが、ご指導ご鞭撻のほど末永く宜しくお願い申し上げます。

泉田 真生

私の内科研修医時代といったら、泥臭く、地道で、かつ道のりは長く、治療効果が挙がってるのかわからず、混沌とした気分になる毎日でしたが、いつも患者さんのことを考え、努力を惜しまない熱研内科の先生方の側にいると、自分を奮い立たせることができました。そんな熱研内科の先生のようになりたいと思ってここに来ました。

激動の熱研内科ですが、患者さんや医療に対する姿勢や気持ちは不変と思います。流されず、伝統をしっかり受け継いでバージョンアップしていきたいものです。個人的にはまずは目の前のことをひとつひとつやっていくことが目標です。そしていつか世界に請われるようなspecialityを持って長崎、海外問わず多くの方々のお役に立てたらと思っています。

山梨 啓友

札幌医科大学卒業 2006年医師免許
家庭医療専門医、介護支援専門員、内科認定医、空手道三段(功武館)
所属学会:日本プライマリ・ケア連合学会

略歴
2006年:札幌医科大学卒業
2006年:横須賀市立うわまち病院初期研修
2008年:医療福祉生協連家庭医療学レジデンシー・東京 大井協同診療所 家庭医療学後期研修(内科、小児科、呼吸器科、皮膚科)
2010年:川崎市立井田病院研修(緩和ケア、在宅医療)
2011年:大井協同診療所所長
2012年:長崎大学熱研内科

趣味 登山・空手

北庄司 絵美

関西医科大学卒業 2007年医師免許取得
日本内科学会認定内科医取得
2012年 熱帯医学修士課程修了(長崎大学)
所属学会:日本内科学会、日本腎臓学会、日本透析医学会
熱帯医学修士課程で行ったフィリピンでの研究を、博士課程で継続する予定です。

林 健太郎

2010年北里大学卒業
2012年まで北里大学北里研究所メディカルセンター病院にて初期研修医
医師3年目として入局しました。15年ぶりに長崎の地に住むことになり、懐かしい響きが心地よい毎日です。「一途に患者を」とアカデミックさの両方を備えている医局の雰囲気にひかれて入局しました。早いうちに実践にうつせるように日々がんばっていきます。
所属学会:感染症学会
興味がある分野:感染症病理学、感染症病態学、微生物学

齊藤 信夫

2005年:鳥取大学医学部卒業
2005-07年:独立行政法人国立病院機構長崎医療センター初期臨床研修
2007-08年:長崎大学医学部・歯学部付属病院感染症内科(熱研内科)入局、後期研修
2008-09年:特別春回会 井上病院、内科、感染症科医勤務
2009-10年:リバプール大学熱帯感染症修士課程
2010年:メータオクリニック(タイ)内科病棟にてボランティア活動中

リバプール大学熱帯医学校修士課程を終え

メータオクリニックにて

土屋 菜歩

旭川医科大学医学部卒業 2002年医師免許取得 2009年医学博士(長崎大学)
所属学会:日本エイズ学会、日本感染症学会、日本熱帯医学会
研究テーマ:途上国における抗HIV薬治療
研究フィールド:タイ
趣味:タイ語、料理

阿部 朋子 (COE研究員)

- だれが、どこでどうして病気にかかっているのかを考える -

私は人間の日常生活行動と感染症の関係に興味があり、「だれが、どこでどうしてこの病気にかかっているのか」を研究しています。現在までの紆余曲折を以下に述べます。

看護師として働き、臨床5年目で青年海外協力隊に参加しました。パキスタンの首都イスラマバード市の国立病院手術室に派遣され、まず看護師長から「笑顔を見せてはいけません」と指導を受けたときの衝撃は今も鮮やかです。女性は通常ひとりで外出できないので、急病でも病院に行けない、また男性医師の診察・治療は受けられない等医療だけではどうにもならない状況にも直面し、日常生活の中の健康や病気の位置づけを考えるようになりました。

帰国後長崎大学熱帯医学研修課程を経て、群馬大学の修士課程に進みました。パキスタン・パンジャーブ地方のある農村に「村長の娘」として住まわせてもらい、家庭訪問をして、朝から夕方まで主婦の健康に関連する日常生活行動(住居の衛生状態、手の洗い方、清潔・不潔の概念など)を中心に、観察・記録する研究をしました。


  パンジャーブの家族

パンジャーブの家族

同僚看護師と手術室にて

同僚看護師と手術室にて

その後進学した長崎大学医歯薬学総合研究科博士課程では、ラオス農村部での5歳未満児を持つ母親の治療行動の研究、スマトラ沖地震津波後の感染症対策研究を経て、ベトナム南部少数民族集落におけるマラリア感染の危険因子を明らかにする研究をしました。現在は、ベトナム中部の国境地域に場所を移し、どんな人がマラリアにかかっているかを調べています。


  蚊帳の状態を調べる

蚊帳の状態を調べる

マラリアにかかっているが元気な子ども

マラリアにかかっているが元気な子ども

私は、バウムクーヘンのように何重もの層でできた日常生活をイメージし、どこに病気があり、前後・上下左右のどんな事象と関連しているのか考えながら観察をしています。「だれが、どこでどうしてこの病気にかかっているのか」=病気の周辺に何があるのかを明らかにすることが、これからも私の仕事です。

津守 陽子

2004年  :大分医科大学医学部医学科卒業
2004年~:山口大学病院にて初期研修
2006年  :長崎大学病院 熱研内科入局
2007年~:長崎大学大学院 (新興感染症病態制御学専攻) 在籍

山下嘉郎

2002年医師免許取得

宮原 麗子

- 熱研内科に入局して -

今年4月に沖縄での初期研修を終えて、熱研内科に入局しました。この3か月、多くの人に、「熱研内科ってどんなところ?」「なんで来たの?」と尋ねられ、その答えを求めて、自問自答してきました。

私は、長崎出身でも、長崎大学出身でもなく、親戚や友人が長崎にいるわけでもありません。しかも、研修医2年目の夏までは、本気で麻酔科医になるつもりでした。
― なぜ私はここにいるのか・・・。

初めてアジアを旅行したのは、大学時代に熱帯医学研究会という部活での旅がきっかけでした。訪れた国はインド。それまで、アメリカやフランスといった先進国にしか旅行したことのなかった私には、その国はあまりにも衝撃的でした。「2度と来るもんか!」とデリーの空港で思ったその国で、私は初めてボランティアをし、初めて物乞いにあい、騙され、インド人と喧嘩をし、安宿に泊まり、そして道端に倒れ見向きもされずに眠る子供とであいました。自分の常識を根底から覆されてしまった数々の経験、そもそもの始まりはそこだったのかもしれません。それから、何度か訪れたアジアでのボランティアの経験は、何もできないことに対するもどかしさと、これから先何かできる人間になれたらいいなという思いにつながっていきました。

初期研修医時代は、日々の業務をこなすことに精一杯で、海外で働くという選択肢はなかなか現実的な目標となりえませんでした。しかし、どこか気持ちの奥底で、海外で働きたいという思いが常に引っかかっていました。 先のことを考えたとき、一度、そのような仕事をしている人に会って話を聞いてみないと将来を決められないと思い、はるばる沖縄から長崎にやってきたのが、麻酔科に入局する気持ちを固めていた、研修医2年目の9月でした。

時間の都合が合わず、見学はたったの半日だったため、実は、どんな患者さんがいるのか、どんな先生方がいるのか、そもそも長崎大学病院ってどんなところなのか、基本的なことはほとんどわかりませんでした。覚えているのは、有吉教授と話をして、「どんなことがしたいの」と聞かれ、その答えに窮したこと。そして、その時教授に、その歳でわかっている人はいないし、漠然とでいいんだよ。と言われたこと。それから、教授のアフリカ滞在中の話をいろいろと聞いたこと、1時間ほど話をしたあとに、ここに来れば、面白いこと、興味をもてることに出会えるかもしれない、と思えたことでした。

その翌月には、入局しようとしていた大学の麻酔科の先生に断わりの電話をしていました。

なんとなく、長崎までやってきてしまった私は、この3か月間、ここで何ができるのか、何をしたらいいのか、将来何をしたいのかを考え、見つける毎日でした。

さて、そんな私が、見つけた3か月間なりの冒頭の質問の答えです。

1) 熱研内科ってどんなところ?

熱研内科というからには、マラリアやデング熱の患者がやってくる・・・わけではなく、熱帯病や感染症の専門家の講義が聴ける・・・・わけでもなかったです。大学病院のベッドにいるのは、当たり前も知れないですが、長崎に住む、日本人の呼吸器疾患や感染症に苦しむ患者さんたちだけでした。そして、患者さんたちの診察を熱心にそして誠実に対応し、かつ熱く指導してくださる先生方や、いろいろな思いや目標を抱え全国からこの熱研内科に飛び込んできた同期や先輩医師たちが今の熱研内科を作っています。

担当した患者さんは、不明熱1名、肺癌3名、カンジダ血症1名、中皮腫疑い1名、間質性肺炎3名、髄膜炎1名、急性腎盂腎炎1名、急性心外膜炎1名。その他に、他科からの感染症のコンサルトを受けています。コンサルトの疾患は、肺炎や術後創部感染、脳膿瘍、軟部組織感染、骨髄炎などなど様々です。週に2回は、旅行外来を担当し、渡航前の予防接種や診断書作成をしています。残念ながら、渡航後の輸入感染症症例はほとんどないのが現状です。

ほかに、MTM(熱帯医学修士課程)や神戸大学の感染症科教授である岩田先生をお招きした感染症ケースカンファレンスでプレゼンテーションを行いました。実際に見た院内の症例以外に、これまで熱研内科で診療した症例や海外で経験された症例などを英語でプレゼンテーションしました。準備は大変ですが、日本では見ることができない症例を勉強するいい機会になりました。

ケースカンファレンスの準備に明け暮れ、論文を読み、退院サマリーに追われる毎日ですので、熱帯医学や国際保健にどっぷりつかりたいと感じている人にはいささか物足りなさを感じるプログラムかもしれません。

皆がそれぞれにやりたいことを求めここを訪れ、それを実現するためにどうしたらよいのかを考えていますが、一方で目の前の患者さんやそして、その背後にいる多くに患者さん、社会があることに思いをはせている諸先輩方の共通した姿は、日本や海外というフィールドは違えど、変わらない、医療という根底にあるものを実感させてくれます。日本だけで医療をしていたら気付かないことを考えさせてくれる場であり、考えるきっかけを与えてくれる場であると3か月が経過し感じています。

2) なんで来たの?

勢い余って、長崎に来た私ですが、とにかく内科医として臨床医として働けるようになるため奮闘する毎日です。しかし、一方で、自分がしたい研究や活動をサポートしてもらえる環境を求めてやってきたのも事実です。私は、疫学や公衆衛生の分野で仕事をしたいと希望し、ここにやってきました。冬には、実際に海外での医療現場に行く機会を与えてくださることに感謝しています。与えてくださる経験を基礎に、自分ができることを探していきたいと思っています。3か月で、いろいろな道が提示されていることを知りましたが、自分で道を選ぶには努力が足りないことも実感しました。今は、ただ、目の前の仕事をこつこつこなし、一本の道を求めていくだけです。

― 踏み出せば、その一足が道となり、その一足が道となる。

福岡県出身
2007年3月 九州大学医学部卒業
2009年3月 沖縄県立南部医療センター・こども医療センターにて初期研修を修了。
2009年4月 長崎大学熱研内科 入局

高橋 健介

流氷漂うオホーツク海にほど近く、大雪山の雪解け水をたたえた常呂川がその流れの中流に小さな盆地を作り、アイヌ語でヌプケウシ、野の端という意味で呼ばれていた地に開拓移民が入ったのは明治に入ってからのことでした。冬は零下30度になる極寒の地は後に北見市という人口11万を数えるオホーツクの中心都市に発展しました。そんな北見で18年間を過ごしました。

きっかけはあまり覚えていません。「ジャングルブック」というインドのジャングルで過ごす少年の冒険の話に心躍らせ、いつかそんなところに行ってみたい、そう思っていたところへ飢餓で苦しむエチオピアの難民の姿が重なり、いつしか国際協力の隊員として外国に行きたいと思うようになっていました。そしてそれがそのまま医学部を目指すモチベーションとなりました。

1998年に弘前大学医学部に入学。しかし、弘前の街を見下ろす岩木山の美しさに見せられ、医学部から山岳部へ編入し、バイトで金をためては、山やバックパック旅行にいそしむ日々でした。特に冬山に魅せられ、嵐吹きすさぶ八甲田、人を寄せ付けない峻険な奥穂高、アイゼンの爪も跳ね返すブルーアイスが光る富士山で何度か危ない目にもあいましたが、雪山が時折見せる自然の荘厳さ、青空と樹氷の見事なコントラスト、風上に向かって成長する氷の柱の見事な造詣美、そういったものに心を奪われておりました。地図を眺め、地形を考え、自分で道をつけていく。頂上に至るプロセスは無限にあり、また必ずうまくいくとも限りませんが、何かトラブルにあったときにとっさに状況を判断しすぐさま修正をかける判断力、だめだと思ったら引き返す勇気など、山から学んだ人生の教訓は限りありません。

国際保健との関わりも幸運なことに比較的早いうちからありました。大学には国際保健研究会というサークルがあり、このサークルを通じてアジア医学生会議、国際保健学生フォーラムといった団体があることを知り、全国の同じような志を持った方々と交流することができました。たくさんの出会いは今でも大切な宝物です。

大学2年生の時には1ヶ月あまりマレー半島を旅行し、ワット・パバナブというAIDS患者さんのホスピスにも1週間ほど滞在しました。そこで仲良くなった女の子が、2年後に訪れたときにミイラとして飾られていたのは少なからずショックでした。

2001年11月、アメリカ空軍の飛行機が頭上を飛び交うパキスタンへ。アフガン国境の難民キャンプで、何もできない学生の無力さを知り、まず手に職をつけようと、また医学部に戻り、勉強をはじめました。

2006年なんとか無事に卒業し、縁あって八戸市立市民病院という野戦病院で3年間の研修生活を送りました。3年目は主に循環器内科をやっていました。3年目にしてすでに主施行医としてカテーテルを握らせてもらい、上司にも恵まれ、とても楽しかったのですが、3年の契約が切れるころになって広い世界を見聞したいという思いがまたふつふつと沸いてきて、思い切って熱帯医学研究所にメールを出したところ、この熱研内科に拾っていただいたというわけです。

冗長な自己紹介にお付き合いいただきありがとうございます。最近三線(琉球の三味線)を始めました。ふつつかなものですが、今後ともよろしくお願い申し上げます。


  高橋 健介 高橋 健介


東日本大震災後の宮城県石巻市雄勝地区における保健福祉医療システム再構築についての調査報告書

濱口 杉大

新潟大学医学部卒業 1995年医師免許取得
日本内科学会認定内科医
Diploma in Tropical Medicine & Hygiene
Master of Science, Tropical Medicine & International Health
所属学会:日本内科学会、日本プライマリ・ケア連合学会

天理や舞鶴など関西地方の病院で総合内科を中心に研修を重ね、2001年からは離島も含めた北海道の地域医療に従事してまいりました。研修途中に熱帯医学という学問があることを知り大きな興味をもち、お金をためて英語を勉強し2006年にロンドンに留学し熱帯医学と国際保健を勉強しました。帰国後は北海道の江別市立病院の総合内科立ち上げに携わり、3年かけてようやく研修医が溢れる研修教育病院となりました。ロンドン留学時のコース担当教官であるRobin Bailey教授と有吉教授が友人関係であり、熱帯医学の研究に関して大学院入学を誘われ二つ返事で入学しました。しかし北海道から大学院の授業に通うのは容易ではなく、このたび腰を落ち着けて取り組むために長崎に異動となりました。江別市立病院には定期的に帰って研修医指導にあたることになっております。
もうすでに3年目の社会人大学院生として大学病院に勤務しながらの大学院生活となりますが、一方で熱研内科の臨床は素晴らしく、僕にとっては呼吸器や感染症の専門領域を勉強できるチャンスとなりました。指導医の先生方からいろんなことを吸収していこうと思っています。
研究は全く初めてとなりますが、ある環境で問題となっていることを取り上げて、それを研究によってある程度改善する、というような内容の研究をしたいと思っています。そして目標は自分が研究をすることによって、今後研究に興味をもってやってくる若手医師の相談にのれるようになることです。
初めてのことが多くご迷惑をおかけすることが多々あるかと思いますがよろしくお願いいたします。

島田 郁美

福井大学医学部卒業 2005年医師免許取得
2011年 熱帯医学修士課程修了(長崎大学)
所属学会:日本救急医学会 日本臨床救急医学会 日本内科学会
ベトナムにおけるHIV感染症の感染経路、リスク等について研究しています。

バクマイ病院感染症科での夫婦間HIV感染に関する研究 (PDF)

島崎 貴治

琉球大学医学部(熱帯医学研究会所属)卒業 2006年医師免許取得
日本内科学会認定内科医
2011年 熱帯医学修士課程修了(長崎大学)
所属学会:日本内科学会、日本呼吸器学会、日本呼吸器内視鏡学会、日本感染症学会

初期研修を地元沖縄、豊見城中央病院(群星沖縄)で終え、2008年より修練医(後期研修)として熱研内科へ入局しました。自己紹介ということで、自分の夢(目標)をまず提示します。

医師として(個人的に)達成したい目標

  1. ジェネラリストとしての視点を忘れない(群星沖縄での学びを実践する!)
  2. 呼吸器・感染症分野に関しては専門知識まで習得する(専門臓器を持ちたい!)
  3. 熱帯医学の世界(グローバルな視点)にも足をつっこむ(目指せ、仕事でウルルン滞在期!)

で、熱研内科に入局後どういう経過を辿っているのかを簡潔に紹介できればと思います。ちなみに大学病院→関連病院→大学院(熱帯医学修士)→大学病院(社会人大学院生)という流れで、2011年現在長崎大学病院勤務中です。以下乱文にてすみません。

  1. 入局後まずびっくりしたのは熱研内科の先生方が皆ジェネラリストであることでした。患者さん一人一人のすべての問題にとことん向き合う姿勢を学んでいます。また、医師4年目(2009年)には関連病院にてあらゆる内科系疾患を各専門医の下、主治医として受け持たせて頂きました。検診の胃カメラも担当しました。特定の臓器のみにしばられない教育スタイルは自分にとってジェネラリストとしての視点を維持し続けられるよい環境であると感じています。
  2. 初期研修医として働いていた際、各科専門医の存在が自分の診療の大きな支えとなっていました。なので、専門領域は持ちたいと漠然と考えていました。で、熱研内科の専門分野はというと呼吸器・感染症です。ちなみに、長崎大学病院では熱帯感染症症例はほとんどいません。それらの症例は旅行者の多い大都市の病院で輸入感染症症例として経験できると思います。まず呼吸器内科としてですが、大学ならではの複雑な症例が多いです。診断及び治療目的の気管支鏡検査も含め、論文による知識の蓄積と手技習得に日々明け暮れております。感染症に関しては、院内コンサルトを中心に、グラム染色・検査室への問い合わせ(時に手術室へ検体の受け取り)・サンフォードを確認する日々です。いわゆる臓器横断的な診療を実践しております。自分の患者さんも診つつ、コンサルト症例への対応と、マネージメント能力も鍛えられます。
  3. 2008年にNGO日本国際民間協力会(NICCO)/関西医科大学と合同で行っていたマラリア調査に参加する機会を得てアフリカのマラウィへ行きました。また、2010年には熱帯医学修士課程の一環としてフィリピンのサンラザロ病院にて結核をテーマに修士研究を行いました。数少ない経験の中から、熱帯医学・国際協力について感じたことを列挙したいと思います。
    • 現地の病気は現地の医師がよく知っている(すなわち地域医療である)
    • 宗教や文化背景なしの国際協力は失敗に終わる(地域住民からのニーズがあるかないか)
    • 熱帯医学は最先端の医学研究分野である(過去の歴史が語る)
    • 博士号取得にて、活動範囲はさらに広がる(NGO、国内・国際機関などなど)
    • データを記録する、まとめる、フィードバックすることの重要性(医学全般に共通する)
    真新しいことは一つもなく、数ある国際協力関連の本に書いてあることばかりであるが、それを実体験できたことは非常に有意義であったと思います。臨床も続けながら社会人大学院生として今後さらなる自分の可能性を広げるべくまだまだ勉強中です。

どの科に行っても共通することですが、とにかく医者になったあとも時間がかかります。地道に自分の夢を追いかけましょう。


  島崎 貴治 島崎 貴治
 
  島崎 貴治 島崎 貴治
| トップページ | 教授メッセージ | 診療活動 | 海外活動 | 教室紹介 | 研究 | 募集 | リンク | サイトマップ |
熱研内科3つの柱 | 1.海外医療活動 | 2.臨床医育成 | 3.研究 |
長崎大学熱帯医学研究所 臨床医学分野
長崎大学病院 感染症内科(熱研内科)
〒852-8523 長崎県長崎市坂本1丁目12-4
TEL:095-819-7842 FAX:095-819-7843
Copyright(C) 2008 Nagasaki University All Rights Reserved.