著書・総説

2015

  • 有吉紅也、齋藤信夫:『病理と臨床』 「特集■ 1.グローバル化時代の新興・再興感染症」33巻8号 文光堂
  • 有吉紅也:今日の治療指針『ボレリア感染症(回帰熱、ライム病)』2015年度版
  • 森本浩之輔:今日の治療薬 『抗寄生虫薬』 p123-130 南江堂 2015

2012

  • 古本朗嗣、森本浩之輔、小野慎治、田中健之、高木理博、石松祐二、有吉紅也、吉浦孝一郎: 家族性肺線維症の家系におけるSFTPC G100S変異の解析. 分子呼吸器病 2012.16(1) pp143-146
  • 有吉紅也: 熱帯地(開発途上国)で感染症を学ぶーアフリカ・アジアの経験からー. 小児内科 2012.44(7) pp1171-1176
  • 神白麻衣子、土橋佳子、石田正之、古本朗嗣、松田淳一、柳原克紀、森本浩之輔、有吉紅也: 透析患者に発症したリネゾリド耐性メチシリン耐性黄色ブドウ球菌によるペースメーカーリード感染の1例. 感染症学雑誌 2012.86 pp778-783

2011

  • 有吉紅也: 北タイHIVコホートから学ぶエイズ免疫・病態. 日本エイズ学会誌 13(2):67-69,2011
  • 斉藤信夫,有吉紅也: 本邦における重症マラリアの診療. ICUとCCU 35(12): 1087-1093,2011
  • 元井奈都紀,田中健之,根井貴仁,森本浩之輔,土橋佳子,田澤立之,栗林 太,山本俊至,有吉紅也,田中 光:成人発症のGM-CSF受容体commomβ鎖発現異常による先天性肺胞蛋白症症例の分子機序. 分子呼吸器病 15(1):106-110.2011
  • 森本浩之輔:抗寄生虫(蠕虫、原虫)薬.(浦部晶夫,島田和幸,川合眞一(編):今日の治療2011,南江堂,東京, pp130-138所収)2011

2008

  • 森本浩之輔:腸チフス,パラチフス.今日の治療指針2008: 139-140,2008
  • 有吉紅也:破傷風.今日の治療方針2008: 154-155,2008
  • 森本浩之輔:呼吸器疾患におけるアポトーシス細胞クリアランス.呼吸27(1): 29-35,2008
  • 土屋菜歩、有吉紅也:治療の歴史 発展途上国における抗HIV治療.治療学42(5) :612-615,2008
  • 有吉紅也:エイズエイチアイヴイ|AIDS/HIV.[新版]東南アジアを知る辞典: 66,2008

2007

  • 有吉紅也:デング熱,デング出血熱.今日の治療指針2007: 143-144,2007
  • 松林 格:日本脳炎,その他の脳炎ウイルス.今日の治療指針2007: 144-145,2007
  • 土橋佳子:発疹チフス.今日の治療指針2007:146,2007
  • 森本浩之輔、土橋佳子:特集 ここが知りたい他科知識 感染症について知っておきたいこと 輸入感染症への対応は?-耳鼻咽喉科外来で遭遇する可能性のある輸入感染症-. JOHNS23(3): 307-309,2007
  • 嘉村洋志、泉田誠也、森本浩之輔、土橋佳子:日和見感染症のCT画像. medicina44(2): 282-285,2007
  • 小山和彦、川上健司、原田義高、山領 豪、木村由美子:左荒蕪肺を呈した多剤耐性肺結核に左肺全摘術を施行した1例.結核82(7): 577-581,2007
  • 原田義高、川上健司、小山和彦、山領 豪、木村由美子:抗結核による致死的肝障害をきたした1例.結核82(9): 705-709,2007
  • 土橋佳子、渡邊 浩:市中肺炎診断・治療のEBM;感染症診療のEBM -各種感染症の起炎菌とその耐性状況、薬剤選択-:化学療法の領域23(5): 709-717,2007
  • 黒木麗喜、土橋佳子、有吉紅也:新シリーズ/感染症における皮膚病変 成人麻疹の皮膚所見.化学療法の領域23(8): 1235-1239,2007
  • 中田 光、土橋佳子、他:肺障害・繊維化に関わる肺細胞とその産生分子 わが国の特発性肺胞蛋白症の病勢、予後、GM-CSF吸入療法のUp-to-date.分子呼吸器病11(1): 72-74,2007

2006

  • 黒木麗喜、大石和徳:肺炎球菌ワクチンを一度接種すると,再投与してはいけないのか.治療88: 717-719,2006
  • 吉嶺裕之:予防接種の安全性と有効性.今日の治療指針2006: 174-175,2006
  • 渡邊 浩、土橋佳子:特集 抗菌化学療法:診断と治療の進歩 III.臓器感染症の特性と抗菌化学療法 3.髄膜炎.日本内科学会雑誌95(11): 2232-2237,2006
  • 松本慶蔵:新型インフルエンザ・・・臨床面からの緊急提言(Ⅱ) インフルエンザ感染と肺炎球菌による二次感染の新しい重要知見.化学療法の領域22(12): 1886-1887,2006
  • 有吉紅也:教室紹介.ウイルス56(2): 261-263,2006
  • 大石和徳、陳 蒙:肺炎球菌ワクチンによる肺炎制御戦略.分子呼吸器病10(6): 443-448,2006
  • 有吉紅也:熱帯地でサイエンスを活かす~英国MRCガンビア研究所での経験から~: 新興・再興感染症研究拠点形成プログラム Newsletter 創刊号: 34-37,2006                  
| トップページ | 教授メッセージ | 診療活動 | 海外活動 | 教室紹介 | 研究 | 募集 | リンク | サイトマップ |
熱研内科3つの柱 | 1.海外医療活動 | 2.臨床医育成 | 3.研究 |
長崎大学熱帯医学研究所 臨床感染症学分野
長崎大学病院 感染症内科(熱研内科)
〒852-8523 長崎県長崎市坂本1丁目12-4
TEL:095-819-7842 FAX:095-819-7843
Copyright(C) 2008 Nagasaki University All Rights Reserved.